初心者の掃除機選び.com TOP > 三菱 風神サイクロン > TC-ZXE30P 風神〔3.18点〕

TC-ZXE30P 風神〔3.18点〕

TC-ZXE30Pは三菱から2015年9月1日に発売となった、新型のサイクロン掃除機です。これは同社製としての最上位のサイクロン掃除機で、シリーズ名として "風神" とも呼ばれます。

その特徴としては、一応サイクロンでの遠心分離力が強化されており、ダストボックスからフィルターを排したことがウリとなっています。

しかし、本体には高性能フィルターが2枚装備されていますし、ダイソンや、それを真似た東芝・シャープ・パナソニックのように、2段式サイクロンで、2段目で高い遠心分離力を得る為に、複数の小さなサイクロンに分けた構造になっている訳ではありません。なので、他社の本格サイクロンと比べて、仕組みとしてかなり劣っています。

また、この「TC-ZXE30P」では、ブロア(空気の吹き付け)機能を持つのも大きな特徴となっています。

ただし、この機能を使用する際には、ホースを本体後部の排気口に接続し直す必要があります。その為、サッシ等から吹き飛ばしたゴミを即座に吸い込ませることは、出来ない仕組みとなっています。

評価はおおよそのものです。


▼ ヘッド 5ツ星評価 (5)

この「TC-ZXE30P」のヘッドは、三菱製掃除機の最上級ヘッド "ワイドクリーン自走式パワーブラシ" です。

まず、"パワーブラシ" というのは、ヘッド内にモーター式の回転ブラシが内蔵されていることを表しています。特に絨毯を掃除する際には、その回転ブラシが絨毯を掻き分け、ゴミを掻き出すので、高い清掃力を誇ります。

"自走式" とは、その回転ブラシの回転がヘッドを前進させる程のパワーを持つので、ヘッドが楽に操作出来るものであることを表しています。

"ワイド" は、文字通りヘッドの幅が広いことを表しています。

このヘッドの回転ブラシには、フローリングの拭き掃除の効果がある細やかなブラシも植え込まれていますので、その効果があるとされていますが、他社製と比べると若干心許ない印象があります。


また、「TC-ZXE30P」のヘッドには、特殊機能として "毛がらみ除去機能" が搭載されており、ヘッド横から回転ブラシを引き抜くだけで、回転ブラシに絡んだ髪の毛や糸屑を除去することが可能となっています。

これが出来るのは三菱製の最上位ヘッドだけですので、ペットをお飼いのお宅では、この為だけにこのヘッドを搭載した製品をご購入になったとしても、不思議ではありません。

(エレクトロラックス社製のコードレススティック・ハンディ2WAYタイプ・「エルゴラピード・リチウム」「エルゴラピード・プラス」「エルゴパワープラス」だと、ヘッドの専用ペダルを足踏みすることで、回転ブラシに巻き付いた髪の毛等を、内蔵カッターで切断・吸引する仕組みがあります)


尚、この機種のヘッドの回転ブラシには、かなり硬めのブラシが採用されています。

前年度の "Wクリーン自走式パワーブラシ" と(今年度型を含む)下位機種の "自走式パワーブラシ" だと、ほぼヤスリのような強烈なブラシが採用されており、自分の家ではちょっと使いたくないような物でした。

しかし、今年度型だとギリギリOKといった感じです。

ブラシが硬ければ、ペットの毛等には強いはずですので、そういった性能が必要な方には、このヘッドの機種はやはり最適かもしれません。

しかし、例えば高級な絨毯があり、硬くて高速回転する回転ブラシの使用に気が乗らない場合には、止めておいた方が良いでしょう。


▼ 吸込仕事率 1ツ星評価 (1)

この「TC-ZXE30P」の吸込仕事率の最大値は200Wですので、かなり低いです。

実のところ、サイクロンによるゴミの遠心分離力を強化したタイプはこの程度が普通で、例えば東芝・トルネオVだと200W、ダイソンDC63だと170/160Wです。

しかし、三菱・風神は、それらに比べると原理的に遠心分離力が不足しているのに、吸込仕事率はそれらと全く同等です。

なので、事実上不当に低いと思います。


▼ 清掃力 4ツ星評価 (4)

ヘッド性能は高いですが、吸込仕事率は低いので、一応こういった形となります。


▼ サイクロン部(吸引力持続) 3.5ツ星評価 (3.5)

この「TC-ZXE30P」を含む "風神サイクロン" は、サイクロンの渦にパワーを割くことで遠心分離力を強化したタイプなので、日立製には有利に立ちます。しかし、他社製上級機で現在標準の2段サイクロンには原理的に敵いません。

というより、この1段1個しかサイクロンがないタイプは、ゴミの完全遠心分離を目指す本格派ではあり得ません。

それでも、この機種の清掃・洗浄が必要なフィルターは、小さくてしかも円形ではなく四角形なので、手間はそれ程かかるとは思えず、気にせず使えば、良いサイクロンだと思って使える範囲のものであるかもしれません。

あと、ダイソン・パナソニックとは違い、サイクロン部の水洗いが可能となっていることも、一応の特徴となっています。しかし、この機種のサイクロン部はかなり単純な構造なので、水洗い出来ない理由こそあり得ないと思えます。


▼ ゴミ圧縮 1ツ星評価 (1)

風神サイクロン型には、特別なゴミ圧縮効果はありません。回っている内にゴミ同士が集まって、自然に圧縮される程度です。

ただし、ゴミ捨ては、ダイソンのように底が豪快にパカッと開くタイプではなく、カップ型ですので、ゴミを舞わせないようにそっと捨てることも可能です。

あと、風神サイクロンにおいては、ゴミは遠心力でサイクロン室から外部屋へ弾き出されて溜まりますので、溜まったゴミの内部を吸気が通る率が低く、ゴミの臭いを拾いにくい、つまり排気が臭いにくいとも一応言われています。

まともに遠心分離をするサイクロン掃除機であれば、どれでもそういう傾向はあるものと思いますが。


▼ ダストボックスの容量 5ツ星評価 (5)

風神サイクロンのダストボックスの容量は、0.7Lもありますので例外的に多いです。特別なゴミ圧縮効果がないという悪条件もありますが、これだけ入ればさすがに問題はないでしょう。


▼ フィルター 5ツ星評価 (5)

この「TC-ZXE30P」では、汚れたら洗浄が必要なモーター前フィルターに高性能なHEPAフィルター、そしてモーター後フィルターに超高性能なULPAフィルターを用いています。

風神の排気性能はドイツの試験機関SLGによって測定がなされており、0.3μメートル以上のチリの99.999%が捕塵可能だという試験結果が出ています。

これは、日立製のサイクロン式・紙パック式の両最高性能機種と並ぶ、家庭用掃除機としての最高レベルの排気性能ということになります。

もっとも、サイクロン式では、排気性能がどれだけ完璧でも、ゴミ捨て時には不要にホコリと接しなければならないわけですが。


▼ 本体重量 4ツ星評価 (4)

「TC-ZXE30P」の重量は、2.9kgですので小型機相当です。

ただし、通常このレベルの小型機は、ゴミの集塵容積が0.25Lしかなく、あまり一軒家向けではありません。

なので、集塵容積0.7Lを誇るこの機が2.9kgというのは、特にはペットの抜け毛にお困りの方等で、軽い掃除機をお求めの方には、それなりに価値があるということになります。


▼ ヘッド+延伸管+ホース部重量 2ツ星評価 (2)

それらの重量は1.6kgですので、モーター式回転ブラシの機種としては普通程度です。


▼ 運転音(最大値) 2ツ星評価 (2)

「TC-ZXE30P」の運転音は、64dB〜約62dBですので、普通にうるさめの掃除機です。

風神は遠心分離力維持のために、弱モードでも強く吸っているようで(サイクロン掃除機としては健全な話です)、弱モード時にも音は割と大きいです。


▼ エコモード 1.5ツ星評価 (1.5)

この「TC-ZXE30P」のエコモードは、手元グリップ部に "加速度センサー" を埋め込み、使用者がヘッドを早く動かすとそれを察知して吸引力を強くし、逆に動きがないと掃除の中断と判断して吸引力を弱め、その状態が30秒続くと電源をオフにします。その後者は、"スマートSTOP" と呼ばれています。

加速度センサーによる、ヘッド動きで吸引力を決定するのは三菱独自の方法ですが、ヘッドが浮くと吸引が止まる機能であれば、他社製にも普通にあります。

また、日立とシャープでは回転ブラシにかかる負荷から、ヘッドの動きを察知して、吸引力を上下させもしています。

他社製だと、絨毯とフローリングの区別や、高額機種では赤外線センサーによる吸気内のゴミの有無の判断によって吸引力を上下させることもありますので、三菱製はいささか頼りないです。


▼ 消費電力 3 (3)

この機種の消費電力は、800〜約600Wです。

最大値の800Wは、標準値の80%に過ぎず、確かに省エネにはなります。しかし、サイクロン掃除機としては低すぎで、遠心分離を重視しているとは思えない数値です。

逆に、最低値の600Wは相当高く、これは遠心分離力を維持する為であるはずです。なので、サイクロン掃除機としては好ましいです。しかし、根本的には800Wでも低すぎですので、600Wでは当然もっと低すぎです。

ここから見るに、これは事実上、「強」と「中」モードのみの機種だと言えるのかもしれません。

そしてこれは、サイクロン掃除機としては、王道のあり方なのかもしれません。


▼ 手元グリップ形状 4.5 (4.5)

この機種の延伸管最上部の手元グリップは、輪状の上位バージョンです。

これはそのように輪になった物の方が手前に引き易く、掃除を楽に進めることが可能です

通常、この部位には名前等ありませんが、この三菱製の場合には何と "フィジ軽(カル)グリップ" と名付けられており、人間工学に基づいて設計されているため、従前品より持ちやすいということになっています。

また、グリップ部の下の延伸管部分をサブグリップと位置付けて持ちやすいように設計されているため、高所を掃除する際等には、そちらを持った方が掃除がしやすいとされています。


▼ 付属ブラシ類 5ツ星評価 (5)

「TC-ZXE30P」には、定番の手元ブラシ&延伸管先端部ブラシに加えて、先端ブラシ付で、そのブラシの角度が変えられるロングすき間ノズル "2WAYロングノズル" と、ふとん用ヘッドが付属しています。

また、この機種にはブロア機能がありますので、その使用時のための専用ノズル "エアブローノズル" も付属しています。


▼ 価格 1ツ星評価 (1)

この機種は、モデル末期の最安時には、4万円を切る価格で買うことが出来るかもしれません。


▼ 特記項目 "ブロア機能" 2.5 (2.5)

まず、ブロア機能とは、空気を吸うのではなく、吹き付ける機能です。サッシレール等掃除機では吸いにくい場所では、こういう逆の機能の方が有効だとされる場合も存在します。

ただし、この機能は実は曲者で、この「TC-ZXE30P」で使用する際には、ホースを本体後部の排気口につなぎ替える必要があります。

また、通常排気は分散・拡散させることで、ホコリを舞い上げないようにと工夫されています。しかし、この機の場合はブロア使用時の威力を上げるために、出来るだけ排気を集中させる必要があるため、ブロアとして使用しない場合に、その勢いが強すぎるのではないかと思えます。

そして勿論、ブロアとして使用する場合等、使用時間全体の1%にも満たないはずです。

なので、その機能のせいで、掃除機としての完成度は低くなっているはずです。

また、排気は通常電源コードの冷却にも使用されていますが、この機の場合には排気を集中させるために電源コードには排気を流していません。

その為、何と電源コードはその引出口から幾らかの吸気を行うことで、冷却を可能としています。


▼ 特記項目 "カロナビ" 4ツ星評価 (4)

三菱で2014年度に実用化されたオリジナル機能 "カロナビ" が、現在この「TC-ZXE30P」にのみ搭載されています。

"カロナビ" とは、恐らくはエコモード用の振動センサーがどれだけ振動を感知したかで、使用者がどれだけカロリーを消費したかを算出し、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンに表示する機能です。

これがあれば、ダイエット代わりに毎日掃除をしようとする女性も現れるかもしれません。

Android™OSバージョン4.0.0以上で、おサイフケータイ@FeliCaまたはNFCに対応する機種(一部機種を除く)のみに対応。


▼ 総合評価 3ツ星評価 (3.18)

まず、この三菱風神「TC-ZXE30P」は、一応高遠心分離力をウリにするサイクロン掃除機ですが、あくまで "ギリギリ本格サイクロン" でしかありません。

そうであれば、吸込仕事率ももう少し高くて良いはずですが、そうでもありません。

エコモードも、他の日本製高額機種と比べて、床面検知やゴミセンサー機能がありませんので、とても残念です。

しかし、良いところは、フィルター性能が文句なしに高いことです。もっとも、どうしても清潔さが必要な方は、紙パック式にした方が良いと思いますが。

また、ペットをお飼いで、大量のペットの抜け毛を掃除機に吸わせたい方には、紙パック代がかからないサイクロン式で、ヘッドに "毛絡み除去機能" を備えた製品が好ましいと思われます。なので、その場合には、三菱製のこの機種が主な選択肢となるかもしれません。

◆当「TC-ZXE30P」と前年度型「TC-ZXD30P」との比較


TC-ZXD30PTC-ZXE30P
発売日2014年6月21日2015年9月1日
ヘッドWクリーン
自走式パワーブラシ
ワイドクリーン
自走式パワーブラシ
吸込仕事率230〜約130W200〜約120W
消費電力850〜約600W800〜約600W
運転音64〜約61dB64〜約62dB
本体重量3.7kg2.9kg
集塵容積0.9L0.7L
サイズ
(幅×奥行×高さ)
216×357×283mm222×333×270mm
臭気濃度0.6ppm0.2ppm
ブロア機能
(エアロブロー
ノズル付属)
×
ゴミ量確認
LEDランプ
×
大型コード
リールボタン
×

昨年度型との大きな違いは、やはり小型・軽量化です。

一旦本体内部を通していた吸気の風路を、ホース部とダストカップ部を直接接続するシンプルな形態に変更し、また、モーターフレームをアルミ化(および低パワー化)したことで、800gもの軽量化を果たしています。

また、ブロア機能の採用もありますが、これは使わない人もいらっしゃるかもしれません。そしてその場合には、排気が勢い良く出るようになった分、余計な変更だと言えるかもしれません。

"臭気濃度" は、要するに前年度型と比べて遠心分離したゴミの隔離が上手く行くようになったので、排気の臭いが3分の1に減ったという話です。

"大型コードリールボタン" とは、足踏み用の電源コード巻き取りボタンの事を指しています。これは便利であるはずで、全ての掃除機に付けてもらいたいところですが、小型・軽量化に伴ってか、今回廃止となっています。


ヘッドに関しては、旧型の "Wクリーン" とは、ヘッド内部で吸気の風路が左右2手に別れており、その分で吸引力がヘッドの両隅まで行渡りやすいと説明されていました。

しかし、今回廃止となったということは、それ程有効ではなかったのかもしれません。

また、そちらにおいてはヘッドを直角にまで曲げて縦にすることで、家具の間等のスペースに押し込んで掃除することが可能でしたが、今回のワイド(幅広)タイプの新ヘッドでは、それが出来なくなったようです。

あとは、既述のように、回転ブラシの硬さが若干大人しくなっています。

◆風神サイクロン・下位機種との比較


TC-ZXE30PTC-ZXE20P
ヘッドワイドクリーン
自走式パワーブラシ
 ・毛絡み除去
 ・拭き(回転)ブラシ
 ・回転ブラシ抗菌加工
 ・抗アレル物質植毛
かるスマ(軽くてスマート)
自走式パワーブラシ



ブロア機能×
カロナビ×
ゴミ量確認
LEDランプ
×
ヘッド+延伸管
+ホース部重量
1.6kg1.5kg
付属品2WAYロングノズル
ふとんブラシ
エアブローノズル
すき間ノズル

下位の「TC-ZXE20P」は、装備の簡略化された廉価機となります。

しかし、そちらではヘッドの毛絡み除去機能がなくなっていますので、ペットをお飼いになっているご家庭に最適の掃除機ではなくなっています・・・。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


TC-ZXE30P 風神 33,999円〜
三菱 【自走式ブラシ搭載】 サイクロン掃除機 「風神」 TC-ZXE30P-D カッパーオレンジ楽天 34,866円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ワイドクリーン自走式パワーブラシ
目詰まり対策:(高遠心分離力サイクロン)
吸込仕事率:200〜約120W[節電モード有]
本体重量:2.9kg/ 全体重量:4.5kg
運転音:64〜約62dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:シャインホワイト(W)、カッパーオレンジ(D)
HEPA×1+ULPAフィルター×1仕様
ヘッド上空のチリも吸引
エアブロー、カロナビ(スマホ表示)機能付
2WAYロングノズル、ふとんブラシ付


前年度型

TC-ZXD30P 風神 41,299円(送料別)〜
三菱 【自走式ブラシ搭載】 サイクロン掃除機 TC-ZXD30P-W シャインホワイト楽天 45,792円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:Wクリーン自走式パワーブラシ
目詰まり対策:(高遠心分離力サイクロン)
吸込仕事率:230〜約130W[節電モード有]
本体重量:3.7kg/ 全体重量:5.3kg
運転音:64〜約61dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
ロングノズル収納:延伸管横
色:シャインホワイト(W)、ルージュレッド(R)
HEPA×1+ULPAフィルター×1仕様
ヘッド上空のチリも吸引
カロナビ(スマホ表示)機能付
2WAYロングノズル、ぶとんブラシ付


関連ページ:

TC-ZXE20P 風神(下位機種)

TC-ZXD30P 風神(前年度型)

ダイソンDC63

パナソニック MC-SR530G プチサイクロン

シャープ EC-VX700 パラレルフローサイクロン

東芝 VC-MG900/VC-MG800 トルネオV

ペット用掃除機ノズル&ダイソン・ペットケア

各社最高性能機一覧

おすすめの掃除機・サイクロン式

三菱掃除機

掃除機・機種別★(星)評価の基準


関連サイト:

TC-ZXE30P(D)(W) 風神|三菱電機公式サイト

三菱サイクロン式掃除機「風神」TC-ZXEシリーズ新商品発売のお知らせ|公式サイト

掃除機としてもブロアーとしても1台2役で活躍! サイクロン掃除機「風神」の威力を実感(家電Watch)