初心者の掃除機選び.com TOP > コードレス・2WAY掃除機 > CN-DC52/CN-DC45 CCP・2WAYクリーナー

CN-DC52/CN-DC45 CCP・2WAYクリーナー

CN-DC52/CN-DC45は、バンダイ系の株式会社CCPから2014年12月に発売となった、スティック・ハンディ両用2WAYタイプのコードレス掃除機です。


まず、「CN-DC52」ですが、こちらはサブネームとして "HEPA plus(ヘパプラス)" と呼ばれています。

その意味は、HEPAフィルターという高性能フィルターを採用していることを表しており、その為、排気性能は高いです。

スティック&ハンディタイプでは、HEPAフィルターの採用型は少ないので、一応貴重だと言えます。しかし、それでもそれらのタイプは、ゴミ捨てやフィルター掃除の際にチリが舞い易いので、ハウスダストにアレルギーがある方向けという感じではありません。

アレルギーのある方は、多少面倒でも、キャニスタータイプ(ヨコ型)の紙パック式の小型機を使った方が多分マシでしょう。


「CN-DC45」は、「CN-DC52」の廉価版=下位機種です。それらの一番大きな違いとして違いとしては、そのHEPAフィルターが付いていません。その為、排気性能は普通レベルということになるはずです。


その他の違いとしては、以下のようになります。


CN-DC52CN-DC45
HEPAフィルター×
バッテリー14.4Vリチウムイオン12.0Vリチウムイオン
充電時間約2時間約8時間
スティック時稼働時間20分15分
ハンディ時稼働時間24分20分
重量約2.1kg約2.0kg
CG(シャンパン)RD(カーディナルレッド)
定価(税別)15,000円12,000円
店頭予想価格9,980円前後7,980円前後

共通の性能としては、両機種ともスティック時のヘッドにはパワーブラシ(モーター式回転ブラシ)が装備されていますので、一応絨毯上でも有効に使えます。

ただし、吸引力自体は低価格な充電式掃除機として弱いはずなので、フローリングであればそこそこの清掃力かもしれませんが、絨毯上であれば最低限だと覚悟しておく必要があります。

比較すると、上位機種の「CN-DC52」の方がバッテリーの電圧が高いので、その分少しパワーがありそうではあります。しかし、稼働時間に少し差があるので、実際は殆ど変らないかもしれません。

また、見たところ稼働時間は比較的長いです。なので、同価格帯の他製品と比べた場合、その分で更に吸引力は弱いと思っておく必要もあるはずです。

あとは、恐らくはコスト削減の為か、両機種ともパワーの切り替え機能がありません。

しかし、割と安価な割には、外観も性能も悪くないものには見えます・・・。


 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CN-DC52
CCP 【SWEEPLUS】 サイクロン式2in1コードレススティッククリーナー(充電式) HEPAフィルター搭載 シャンパンゴールド CN-DC52-CG楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワーブラシ
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:未公表
14.4Vニッケル水素充電池採用
本体重量:2.1kg(ハンディ:約1.04kg)
運転音:未公表
約2.5時間充電・スティック20分/ハンディ24分可動
色:シャンパンゴールド(CG)
HEPAフィルター仕様

CN-DC45
CCP 【SWEEPLUS】 サイクロン式2in1コードレススティッククリーナー(充電式) カーディナルレッド CN-DC45-RD楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワーブラシ
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:未公表
12.0Vニッケル水素充電池採用
本体重量:2.0kg(ハンディ:0.97kg)
運転音:未公表
約8時間充電・スティック15分/ハンディ20分可動
色:カーディナルレッド(RD)


関連ページ:

ツカモトエイム AIM-SC11

エレクトロラックス エルゴラピード

スティックハンディクリーナー/2WAYタイプ

コードレス掃除機比較

HEPAフィルターのついた掃除機

小型掃除機


関連サイト:

CN-DC52-CG HEPAプラス|CCP公式サイト

CN-DC45-RD|CCP公式サイト

ハンディとしても使えるスティック型コードレス2in1クリーナー 2機種発売|CCPプレスリリース





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。