CV-PA9〔2.67点〕

CV-PA9は、日立から2015年2月23日に発売となった、新型(マイナーチェンジ)の紙パック式掃除機です。吸込仕事率は高水準の650Wを誇り、ヘッドにはモーター式回転ブラシ "ごみハンターヘッド" を備えながらも、どちらかと言うと少し安めの製品です。

評価はおおよそのものです。


▼ ヘッド 3.5 (3.5)

この「CV-PA9」のヘッドは、"ごみハンターヘッド" と呼ばれる日立製のモーター式回転ブラシ内蔵ヘッドです。

名前は華々しいですが、実のところ、モーター式によくある自走力までは持ち合わせていません。なので、性能はモーター式としては高くありません。

ただし、"かるふきブラシ" という、床の菌まで拭き取れるというフローリング用ブラシが植え込まれていますので、フローリングでは比較的高い性能を発揮できるはずです。


また、これは日立製最上位ヘッドの "スマートヘッド" でも同様ですが、ヘッド付け根の可動部が柔軟に動く為、ヘッドを横に90度曲げて縦にすることで、家具の間等の狭い場所に押し込んだり(「クルッとヘッド」)、ヘッドと延伸管をほぼ水平にまで出来ることで(「ペタリンコ構造」)家具の下等のすき間を、掃除しやすく出来ています。


▼ 吸込仕事率 5 (5)

この機種の吸込仕事率は650W〜約100Wです。

2014年度現在の業界最高は680Wですので、これはかなり高い数値です(⇒「掃除機の吸引力ランキング」)

ただし、その分で消費電力は高めとなります。


▼ 清掃力 4.5 (4.5)

吸込仕事率は高いですが、ヘッド性能はそこそこですので、こんなところだろうと・・・。


▼ 吸引力持続 星ゼロ (0)

この「CV-PA9」には、吸引力持続の為の仕組みはありません。

2012年度型までは、紙パックの後部だけではなく、上面からも吸う仕組みである "パワー長持ち流路" があったのですが、2012年度型を最後に撤廃されています。


▼ 標準紙パック価格 3 (3)

この掃除機の紙パックは「GP-110F」で、1枚220円です。これならば実のところ普通程度に過ぎません。

しかし、日立製の紙パックであれば、もっと性能と価格が高い物を使用することも可能ですし、また、もっと性能の低い安い物を使用することも可能です。


▼ 標準紙パックの容量 3 (3)

この「CV-PA9」を含む日立製紙パック式・中・下位シリーズ "スタンダード" では、紙パックの容量は1.5Lですので、丁度普通程度となっています。

また、日立製紙パック式の殆どでは、紙パックが膨らみきった状態でも交換しやすくするために、プラスチックの枠がスライドする "紙パックするりん構造" を採用しており、それはこの機種でも採用されています。


▼ 紙パック+フィルター性能 2 (2)

標準紙パック「GP-110F」は、日立製としては上から3番目、下から2番目の性能ですが、悪いという程ではありません。

また、本体のフィルターには、標準紙パックと同様に抗菌加工も施されています。


▼ 本体重量 2 (2)

「CV-PA9」の本体重量は3.5kgなので、掃除機としては従来普通程度です。

しかし、現在は小型機が増えたため、相対的には重くなっています。


▼ ヘッド+延伸管+ホース部重量 2 (2)

それらは1.7kgなので全体としては重い部類でが、モーター式回転ブラシ内蔵型としても、現在は重めということになります。


▼ 運転音(最大値) 1 (1)

この機種の運転音は、66〜約60dBですので、単に普通のうるさい掃除機です。


▼ エコモード 2ツ星評価 (2)

この「CV-PA9」のエコモード(自動パワー制御)は、"床面検知" と、恐らくはその仕組みを応用した、ヘッドの操作速度等を検知する "操作力検知" から成り立っています。

ただし、この機種の場合、上位機種との格差を作る為か、パワーの切替は「中」と「弱」のみで、「強」は対象外となっています。

そのエコモードを用いて6分間フローリングを掃除した場合、「強モード」のみで同等の条件下を掃除した場合と比べて、最大約75%の省エネになるとされています。

しかし、それは要するに、この機種ではエコモード時に選択されない「強」は勿論として、「中」も殆ど使用されず、ほぼ「弱」のみで運転された場合との比較を表しています。


▼ 消費電力 2ツ星評価 (2)

この機種の消費電力は1,170〜約250Wですので、"強" で使用時には平均より17%消費電力は高いです。

もっとも、エコモードで使用すれば、"強" は使用されませんが、それでもやはり褒められたものではありません。

吸込仕事率は600Wもあれば十分高く、それならば消費電力の最大値は従来通りの1,000Wで済みますので、消費電力を上げてまで吸込仕事率を上げるのは、電気代と開発努力の無駄でしかないでしょう。

しかし、吸込仕事率の数値が高ければ、アピールポイントとなって売れやすくはなりますので、結局消費者に高い電気代を強いてまで、"商売上手" として吸込仕事率を上げていると言えるはずです。

ちなみに、ダイソン等海外メーカーの吸込仕事率は200W程度ですが、床に吸引力を集中させていますので、それでも十分な清掃力を誇ります。


▼ 付属ブラシ類 2 (2)

付属ブラシ類は、先端に折り畳み脱着式のブラシの付いたすき間ノズル、"クルッと切換えブラシ吸口" のみとなります。

尚、延伸管にはすき間ノズル用ホルダーがありますので、上位機種とは違って別売ホルダーを買わなくても、延伸管に取り付けておくことが可能です。


▼ 特記項目 "サッとズームパイプ" 4 (4)

この「CV-PA9」を含む、日立製の中程度以上の機種には、"サッとズームパイプ" という、足でヘッドを抑えて手元トリガーを指で引きながら、延伸管を伸び縮みさせて長さを調節する機能があります。

これは、日立製掃除機に慣れた使用者が、同社製から離れられない要因となっています。


▼ 価格 4 (4)

この機種は、モデル末期の最安時には16,000万円程度で買うことが出来るはずです。


▼ 総合評価 2.5 (2.67)

「CV-PA9」は、吸引力が優秀で、ヘッドも一応合格点ではあります。

また、日立だけにある "サッとズームパイプ" も使いやすく、便利な機能です。

ただし、消費電力は高く、せっかく付いているエコモードも "強" を外したおかしなバージョンなので、それらの点では全く関心出来ません。

なので、他に特に欲しい機種がないのであれば、購入を考えても良いのではないでしょうか。

口コミ当「CV-PA9」と、前年度型「CV-PY9」との違い

前年度型「CV-PY9」と今年度型では、性能面での違いは一切見られません。

ただ、本体紙パック装着部のカバーのカラーリングに僅かな変更が見られ、元々すっきりしていた下位機種に合わせた形となっています。

口コミ紙パック式 上・下位機種との比較


CV-PA30CV-PA9CV-PA8
ヘッドスマートヘッド
[モーター自走式]
ごみハンターヘッド
[モーター式]
パワフルヘッド
[モーター式]
床の菌まで
拭取り
×
吸込仕事率680〜約110W650〜約100W640〜約100W
消費電力1,190〜約250W1,170〜約240W
パワー持続パックチリ落とし
パワー長持ち流路
― ― ―
重量(本体/全体)3.7/5.4kg3.5/5.2kg3.5/5.1kg
運転音65〜約59dB66〜約60dB
エコモード[強][中][弱]自動[中][弱]自動切替 ― ― ―
紙パックGP-130FSGP-110F
フィルター性能捕塵率99%
(0.3μm以上)
標準品
排気口フィルター×
排気分散上方排気 ― ― ―
延伸管伸縮用ボタントリガー型(サッとズームパイプ)通常型
クルッとブラシ ― ― ―

上位機種「CV-PA30」は、業界最高の吸込仕事率を誇る機種です。排気のきれいさも持ち合わせているので、掃除機としてのレベルは高いです。

下位機種「CV-PA8」は、この「CV-PA9」とはパワーはほぼ同等ですが、ヘッドとフィルターで少し劣り、エコモードと、日立製のウリの一つ "サッとズームパイプ" もありません。

どうせなら、パワーをもう少し下げて、消費電力を最大1,000Wとすれば、積極的に選ぶ理由も生まれるのですが・・・。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CV-PA9 ― ― ―
日立 紙パック式クリーナー(パワーブラシ)シャンパン【掃除機】HITACHI CV-PA9-N楽天 ― ― ―
amazon ― ― ―[レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ごみハンターヘッド(モーター式回転ブラシ)
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:650W[エコ自動モード有]
本体重量:3.5kg/ 全体重量:5.2kg
運転音:66〜約60dB
排気方法: ― ― ―
持ち手(本体):固定式×1、折り畳み×1
色:シャンパン(N)
標準紙パック:GP-110F(1枚付属)


前年度型

CV-PY9 31,677円〜
日立 紙パック式 パワーブラシクリーナー(シャンパン)【掃除機】HITACHI CV-PY9-N楽天 ― ― ―
amazon ― ― ―[レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ごみハンターヘッド(モーター式回転ブラシ)
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:650W[エコ自動モード有]
本体重量:3.5kg/ 全体重量:5.2kg
運転音:66〜約60dB
排気方法: ― ― ―
持ち手(本体):固定式×1、折り畳み×1
色:シャンパン(N)


関連ページ:

CV-PA30 かるパック(上位機種)

CV-PA8(下位機種)

CV-PY9(前年度型)

おすすめの掃除機・紙パック式

掃除機の吸引力ランキング

日立掃除機

掃除機・機種別★(星)評価の基準


関連サイト:

CV-PA9(N)|日立公式サイト