初心者の掃除機選び.com TOP > マキタ・充電式ハンディ > マキタ掃除機の型番法則解説

マキタ掃除機の型番法則解説

マキタの型番は、勿論ランダムにつけられている訳ではなく、法則性があります。

CL141FDRFW

を例にとりますと、


■CL [CL141FDRFW]

まず、「CL」はどうやら「Cleaner(クリーナー)」を表しています。

と言いますのも、マキタの唯一のキャニスタータイプ(ヨコ型)のコードレス掃除機「CL500DZ」も、「CL」から始まっているからです。


■14 [CL141FDRFW]

その次の「14」は、対応するバッテリー(リチウムイオン)の電圧を表しています。

ということになります。勿論、V数が高い方が、原則的にパワー(吸込仕事率)は高くなります。


■1 [CL141FDRFW]

その次の「1」は、集塵+電源スイッチの方式を表します。

ということになりますが、1と3は現在例外です。


■F [CL141FDRFW]

「F」は、上位シリーズ(18V&14.4V)にある、前方を照らす白色LEDライト=「Flashlignt(懐中電灯)」を意味しているはずです。「Front Light」でも意味としてはOKだと思いますが。


■D [CL141FDRFW]

「D」は、マキタ製コードレス掃除機の全てに共通しますが、どうもモーター使用、かつ充電式の製品を表すようです。


■R [CL141FDRFW]

「R」は、充電器の種類を表します。

  • R=DC18RC [18V&14.4V兼用]
  • S=DC18SD [18V&14.4V兼用]
    CL180FDSHW」(エディオン)「CL140FDSFW」(通販生活)の例外2機種のみ
  • W=DC10WA [10.8V]
  • S=DC07SA [7.2V]

となります。「R」と「S」では、双方18V&14.4V兼用型ですが、「R」の方が通常の標準付属品、かつ急速充電が可能です。「S」だと、「R」の3倍弱の充電時間が必要となります。

マキタ充電器 DC18RC(USAマキタモデル) マキタ 充電器 DC18SD マキタ 充電器 DC10WA マキタ 充電器 DC07SA

(左から)R,S,W,S


■F [CL141FDRFW]

「F」は充電池の容量を表しており、

  • F=3.0A
    「BL1830」「BL1430」
  • H=1.5A
    「BL1815」「BL1415」

となります。

この表記には、容量の違うバッテリーが存在する18V機と14.4V機が該当しますが、あくまで容量の問題であり、電圧(V数)は問われません。

マキタ リチウムイオンバッテリー BL1430 A-42634 マキタ バッテリBL1415 A-48527

(左から)F,H。厚みと重さが違います。

「H」は「F」の半分の容量&充電・使用時間なので、最初、「FULL」と「HALF」の略かと思いました。

しかし、もっと容量のあるバッテリー(「BL1850」「BL1840」)もありますので、違うのかもしれません。

充電器と充電池に関しては、通販生活専売機「CL140FDSFW」に加えて、エディオン専売機「CL180FDSHW」の発見で判別できるようになりました。


■Z [CL141FDRFW]

「Z」は、「CL141FDRFW」にはない文字ですが、実はそのRFの部分の代わりに入り、この機種の例ではCL141FDZWとなることがあります。

その場合には、実は充電器と充電池が付属しないバージョンであることを表しています。

マキタは業務用なので、充電器や充電池なら既に持っている購入者もそれなりにいらっしゃるようで、そういう方々向けの製品となります。

充電器と充電池は、セット品の価格の3分の2以上を余裕で占めています。

その為、稀にやけにお買い得なのがあるぞ、と混乱する方(更には購入してしまわれる方・・・)もいらっしゃるようですが、そういう訳ですので、妙に安い物を見つけたら、下位機種であるか、充電器と充電池が欠けているとお考え下さい。

ちなみに、バラで買うよりも、本来のセットで買う方が安いです。


■W [CL141FDRFW]

最後の「W」は、

  • 床用ヘッド
  • 延伸管
  • すき間ノズル
  • 紙パック&ダストバッグ、もしくはフィルター
  • バッテリー内蔵式の場合は、バッテリーとアダプターも

がセットになっていることを表すようです(⇒「通販生活・よくある質問」)

しかし、それだと「CL100DW/CL102DW」と「CL070DS/CL072DS」が例外となってしまいますが、例えば「CL100DW/CL102DW」(この「W」は、充電器DC10WAを表します)だと「WW」になってしまうので、省略したのかもしれません。

その下位機種「CL070DS/CL072DS」でも、それらに合わせることで省略したと考えることが一応可能です。

「W」=ホワイト色説もありますが、2色ある「4076DW」の色も含めた正式な型番は、「4076DWI(アイボリー)」と「4076DWR(レッド)」となっています。

また、「CL103DW」もアイボリーとオレンジの2色ですが、両方に「W」が付いています。

なので、ホワイトではないはずです。


■CL141FDRFW

以上のように、マキタの型番は、「D」までの本体の仕様を表す部分と、「R」以降の充電池等の付属品を表す部分に分けることが出来ます。そして、実のところ「D」までのCL141FDが、本体のみを表す型番ということになります。

ただし、本体のみの販売は未存在で、販売に当たっては、前述の充電池と充電器が付属せず、床用ヘッド等は付属するCL141FDZWとしての販売ということになります。

床用ヘッド等は必要ないのに・・・というケースも生じ得ると思いますが、実際どうしようもありません。


■4076DW

4076DW」等旧シリーズに関しては、「4」がシリーズ名となり、「07」が7.2Vを、そして「6」が個体型番を表すようです。

「D」は、先程書いたように、モーター使用かつ充電式を、そして「W」は床用ヘッド等がセットであることを表しています。


これらは、マキタ製を購入する上で知っておかなければならない知識では全くありませんが(充電器&充電池が省略されたZ型番を除く)、気になる方には良いのではないでしょうか。

ちなみに、マキタのサービスセンターに確認しましたが・・・ご存じありませんでした。


関連ページ:

マキタ掃除機(選び方解説)

マキタ製バッテリー&充電器

マキタ掃除機/紙パック・フィルター&オプション

CL180FDRFW CL182FDRFW

CL180FDSHW(エディオン機)

CL140FDRFW CL142FDRFW

CL141FDRFW

CL140FDSFW(通販生活機)

CL105DW

CL103DW(通販生活ターボ機)

CL100DW CL102DW

CL070DS CL072DS

4076DW(ニカド7.2V型)

CL500DZ(18Vリチウム・キャニスター型)

コードレス掃除機比較

マキタ掃除機比較




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。