MC-PKL16A〔2.36点〕

MC-PKL16Aは、2015年2月20日にパナソニックから発売となった新型の紙パック式掃除機です。

本体重量は2.9kgの小型機ですが、吸込仕事率は520Wと紙パック式として最低限の500Wを少し上回っています。

また、ヘッドには "エアロノズル" との名の、タービン式回転ブラシを内蔵しているのが主な特色となります。

評価はおおよその物です。


▼ ヘッド 2 (2)

この「MC-PKL16A」のヘッドは "エアロノズル" です。吸引の風で回るタービン式の回転ブラシを備えています。

これは、絨毯を掃除するのには少し非力なので、主にフローリング向けです。しかし、絨毯を掃除するにあたっても、ないよりはあった方が良いものです。

また、このヘッドには、ヘッド上に舞い上がったチリを吸うという "エアダストキャッチャー" も付いています。


▼ 吸込仕事率 3 (3)

この機種の吸込仕事率は520W〜約60Wです。

この数値は、紙パック式の最低限である500Wを少し上回り、20W分豪華となっています。


▼ 清掃力 2.5 (2)

回転ブラシの回転力の低いタービン方式のヘッドに加え、吸込仕事率も平凡なので、あまり高くはないはずです。

この機種には、ヘッド上のチリを吸う "エアダストキャッチャー" が付いていますので、室内の空気も多分普通よりは綺麗になるはずです。

しかし、吸引力はそこでも消費されますので、床面に使われる吸引力は520Wを若干下回っているはずです。


▼ 吸引力持続 1 (1)

この「MC-PKL16A」の吸引力持続の仕組みとしては、"パワー持続センサー" が付いています。

これは、標準モード(中)を使用時に、ゴミが溜まって吸引力が落ちてくるとパワーを上げる機能です。

なので、残念ながら、強モード時には関係ありません。


▼ 紙パック+フィルター性能 1 (1)

この機種で使用される標準紙パックは「AMC-S5」です。

これはパナソニック製の最安品ですので、特別な性能はありませんが、メーカー純正品として最低限の性能は保障されるはずです。

また、掃除機本体には、排気口部の最終フィルターとして、"一般フィルター" が採用されています。…これは多分、ごく普通のフィルターだという意味だと思います(汗)。


▼ 標準紙パックの容量 2 (2)

これに装着可能な紙パック自体は、もっと多くのゴミの収容(少なくとも1.6L程度)が可能なはずですが、この 「MC-PKL16A」は本体が小型なので、1.3Lしか入りません。

これにはさすがに感心できませんが、この機種は小型であることがウリなので、それが優先されています。


▼ 標準紙パック価格 4 (4)

この機種の標準紙パック「AMC-S5」の定価は、1枚140円です。これはかなり安い方ですが、それは勿論性能と引き換えということになります。

紙パックに関しては、同社用であれば、互換性があります。その為、高い排気性能を求めるのであれば、これより高い物を使うことも可能です。


▼ 本体重量 5 (5)

この「MC-PKL16A」の本体重量は、2.9kgです。3.0kgを切っているので、かなりの小型機ということになります。

三菱の紙パック式ビケイだと、同価格帯である上で本体重量は2.4kgとなりますが、吸込仕事率の最大値は500Wでしかありません。


▼ ヘッド+延伸管+ホース部重量 4 (4)

それらの重量は1.3kgですので、全体から見ると軽く、タービン式としては普通程度です。


▼ 運転音(最大値) 1 (1)

この機種の運転音は、65〜約60dBですので、ごく普通のうるさい掃除機です。


▼ エコモード 0 (0)

この「MC-PKL16A」は安価な掃除機につき、エコモードの類は付いていません。


▼ 消費電力 3 (3)

この機種の消費電力は1,000〜約150Wですので、単に標準的です。

これと同系列の上位機種は、吸込仕事率はもっと高いですが、消費電力の最大値が15%高いですので、電気代も高くなります。


▼ 付属ブラシ類 3 (1)

当「MC-PKL16A」には、一般的な "すき間ノズル" のみが付属しています。


▼ 価格 4 (4)

この機種は、最安値(1年近く経った後)として10,000円程度となる可能性があります。

もう少し性能の高い上位機種「MC-PK16A」も同等価格となる可能性がありますので、その際にはそちらの方がお得です。


▼ 総合評価 2.5 (2.36)

この「MC-PK16A」は、廉価機なので性能は高くはありません。

しかし、ヘッドにはタービン式回転ブラシが付いていますので、フローリングであればそこそこ綺麗になるはずです。

今年度からは、塗装も凝ったものになり、前年度の無機質な白よりは若干の高級感が出ましたので、これにしようと決めやすくなったのではないでしょうか。

口コミ当「MC-PKL16A」と、前年度型「MC-PKL15A」との違い


MC-PKL16AMC-PKL15A
発売日2015年2月20日2014年2月28日
(ボディカラー)ショコラホワイト(W)ホワイト(W)
塗装網目
(ダイヤモンドカット)
通常型

実のところ、今回のマイナーチェンジの内容は、色・塗装方法の違いだけということになります。

今年度型は、高級感を出す為に特殊塗装が施されており、網目模様の3Dシールが貼られたような外観となっています。

この機種は一応安い機種ですので、価格が上がらないのかが心配ですが。

口コミパナソニック製紙パック式 上・下位機種との比較


MC-PK16AMC-PKL16AMC-PB5A
ヘッドエアロノズル[風力式回転ブラシ]
エアダスト
キャッチャー
×
吸込仕事率580〜約60W520〜約60W500〜約60W
消費電力1,150〜約200W1,000〜約150W
重量(本体/全体)2.7/4.0kg2.9/4.2kg3.4/4.4kg
フィルターアレル物質抑制一般フィルター
網目塗装×

上位機種とはパワーが違いますが、その分そちらは消費電力も多いです。

下位機種は、別シリーズとなり、本体はこちらの方が500g軽いですが、ヘッド+延伸管+ホース部だけを見れば、そちらの方が300g軽いです。

ヘッド上のホコリを吸うという "エアダストキャッチャー" については、理論上ない方が床を吸う力が強まりますが、実のところその仕組みからは大して吸っていません。

この「MC-PKL16A」は、「MC-PB5A」よりも吸込仕事率が20W高いですが、そこに使う吸引力は、その分にも満たないかもしれません。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


MC-PKL16A 15,800円〜
Panasonic 紙パック式 電気掃除機 ショコラホワイト MC-PKL16A-W楽天 16,611円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:エアロノズル(タービン式)
目詰まり対策:パワー持続センサー
吸込仕事率:520〜約60W
本体重量:2.9kg[小型機]/ 全体:4.2kg
運転音:65〜約60dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:ショコラホワイト(W)
エアダストキャッチャー付
標準紙パック:AMC-S5(1枚付属)


前年度型

MC-PKL15A ― ― ―
Panasonic 掃除機 紙パック式 ホワイト MC-PKL15A-W楽天 14,974円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:エアロノズル(タービン式)
目詰まり対策:パワー持続センサー
吸込仕事率:520〜約60W
本体重量:2.9kg[小型機]/ 全体:4.2kg
運転音:65〜約60dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:ホワイト(W)
エアダストキャッチャー付


関連ページ:

MC-PK16A(上位機種)

MC-PB5A(下位機種)

MC-PKL15A(前年度型)

おすすめの掃除機・紙パック式

パナソニック掃除機

掃除機・機種別★(星)評価の基準


関連サイト:

MC-PK16LA(W)|パナソニック公式サイト