MC-BU100J

MC-BU100Jは、パナソニックから2014年12月20日に発売となった、スティック・ハンディ兼用2WAYタイプのコードレス掃除機です。

2WAYタイプは、売れ筋(売れ過ぎ)のダイソン製や、シャープ製もありますが、それらはハンディクリーナーに延伸管と床用ヘッドを付けたタイプとなり、こちらのパナソニック製は、スティッククリーナーを基本として、モーターやバッテリーのある中核部を取り外して、ハンディクリーナーとして使用するタイプです。

ハンディクリーナーを元とするタイプは、ハンディ時の使い勝手は良いですが、スティック時には、バッテリーとモーター部の重量を手元で支え続けなければならないため、長時間使うとかなり疲れます。

逆に、スティッククリーナーを元とするタイプは、重量自体はそれらより重いものの、その殆どが床面にかかる為、長時間使用に向いています。また、逆にハンディ時の使い勝手は、2の次となっています。

つまり、この「MC-BU100J」は、主に床掃除に使いたいという方向けのコードレス掃除機であるということになります。


この「MC-BU100J」に固有の特徴としては、ヘッドにはモーター式の回転ブラシが内蔵されているのですが、その前部が壁等に当たると上へガバッと開く構造 "ガバとりパワーノズル" になっており、壁際にまでその回転ブラシが届きやすく出来ています。

そして、デザイン面を別とすれば、この機種の特徴は、実のところその程度ということになっています。


この機種では、バッテリーには16.8Vのニッケル水素充電池を採用しており、"強" で15分、"弱" で30分動きます。

なので、吸引力は、このスティッククリーナーを基本とする2WAYタイプとして一番有名な、エルゴラピードの下位機種・14.4Vニッケル水素バッテリー搭載タイプとはほぼ同レベルで、やはり14.4Vニッケル水素型の日立製PV-BA100よりは少し高い程度のはずです。

また、1度の使用が6分間と短く想定されているとは言え、この「MC-BU100J」では約800回の充電が可能とされていますので、他の同等バッテリー採用機種より、少しはバッテリーが長持ちする可能性があります(…単に同程度かもしれません)。


これをダイソンのデジタルスリムエルゴラピード・リチウムと比べるとどうかと言うと、上級バッテリーであるリチウムイオンバッテリーを採用し、電圧も21.6V(ダイソン)、18V(エルゴラピードリチウム)と高いそれらの方が上となります。

なので、とにかく良いものが欲しいのであれば、悩む必要はないはずです。


MC-BU100JPV-BA100エルゴラピード
重量
(スティック/ハンディ)
2.7/1.4kg2.8/1.4kg2.7/1.2kg
バッテリー16.8Vニッケル14.4Vニッケル14.4Vニッケル
充電時間5.5時間4時間16時間
稼動時間(強/弱)15/30分12/30分13/25分
フィルター掃除水洗い可水洗い不可&
ブラシ使用不可
水洗い可&バネ式
のホコリ落とし
ヘッド前LED×
特殊機能ガバ取りヘッド自走式ヘッド
曲がる吸口
(ハンディ用ノズル)
ブラシクリーン
(毛絡み除去)
充電可能回数800回
(1回6分間使用)
700回
(1回6分間使用)
300回
(全充放電)
交換用バッテリー(税別)
(モーター部ごと交換)
7,000円7,000円5,524円
(ダストカップ
+フィルター付)

これらにはそれぞれに特徴があり、ペットを飼っているご家庭であれば、ヘッドの回転ブラシに毛絡み除去機能があるエルゴラピードが一番です。

しかし、これの場合、充電時間がやたらと長いのが困りもので、更にバッテリーの充電可能回数が、300回と他より少ないようです(※ニッケル水素型は、通常300〜500回の使用が可能)。

日立のPV-BA100だと、ヘッドが自走式なのが魅力ですが、フィルター掃除にあたり、水洗いとブラシでこする事が禁止されています。その為、出来るのはフィルターをどこかに叩きつけてホコリを落とすこと位となります。なので、取扱いが少々難しいです。

そういった理由で、消去法的にこのパナソニック製「MC-BU100J」が残ると言うことも出来ます。


あと、この「MC-BU100J」に関しては、デザインが流線型であることも大きな特徴となっていますが、パッと見ラフ案(素案)といった感じです。

勿論、これはこれで綺麗ですし、他機種よりはこれが良いといった意見も多々あると思います。

しかし、正直ここまでプロトタイプ(試作機)っぽい物をよく製品化できたなものだなと感心しました。

一応、いい感じの艶消し具合にはなっているようですし、価格を考えれば、これ以上には出来ないということなのかもしれませんが・・・。

ただし、これがツインバード製(ホームセンターなどでお馴染みの安物家電メーカー)であったりすれば、"神デザイン" 扱いされたかもしれません(笑)。


 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


MC-BU100J
パナソニック コードレススティッククリーナー シルバー MC-BU100J-S楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ガバとりパワーノズル(モーター式非自走)
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:未公表
16.8Vニッケル水素充電池採用
ハンディ部重量:1.4kg/ 全体重量:2.7kg
運転音:64〜約62dB
色:シルバー(S)、レッド(R)、ブラック(K)
約5.5時間充電・「強」約15分/「弱」約30分可動
充電台、棚用ノズル(+すきまノズル)付属


関連ページ:

エルゴラピード&同リチウム(エレクトロラックス)

PV-BC500/PV-BC200(日立)

CS3250 ORA(オーラ)(ブラック&デッカー・32.4Vリチウムイオン)

DC74/DC62/DC45(ダイソン)

VC-CL1200/VC-CL200 トルネオVコードレス(東芝)

EC-SX200 FREED(フリード)(シャープ)

HC-VXE20P iNSTICK(三菱)

マキタ・コードレス掃除機比較

スティックハンディクリーナー/2WAYタイプ

コードレス掃除機比較


関連サイト:

MC-BU100J(S)(R)(K)|パナソニック公式サイト

“さすが”と思わせるパナソニックのスティッククリーナー(家電Watch)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。