初心者の掃除機選び.com TOP > ふとん専用UVクリーナー > IC-FDC1 アイリスオーヤマ・コードレス布団クリーナー

IC-FDC1 アイリスオーヤマ・コードレス布団クリーナー

IC-FDC1は、2014年8月下旬にアイリスオーヤマから発売となった、布団・布製品用のコードレスハンディクリーナーです。

これは一言で言ってしまえば、有名な布団用掃除機「レイコップ」の類似品なのですが、それとの最大の違いは、やはりコードレス(充電式)であることです。


▼コードレス

コードレスであるということは、掃除の開始・終了時にコンセントの抜き差しが必要ありませんし、コードに気を使うことなく気軽に掃除をすることが出来ます。

しかし、それは同時に吸引力が弱いということをも意味しています。

この機種の場合、それはレイコップのエントリーモデル「RE-100 レイコップLITE」の吸込仕事率・29.4Wの、1/2〜1/3程度であるはずです。

また、1度の充電に約3.5時間かかり、使用時間は約20分に限られています。ただ、布団1枚を4分間で掃除すれば、1度に5枚掃除できると宣伝されてはいますが。


▼ダニちりセンサー

この「IC-FDC1」には、赤外線を用いて吸気内のゴミを見分けるセンサー "ダニちりセンサー" が搭載されています。

これは、レイコップには一切ない機能です。

実は布団用掃除機では、パナソニック製の「MC-DF100C」にのみ、同様のセンサーが搭載されています。しかし、そちらには70μm以上の大きさのチリの探知能力しかありません。

実はそれだとダニを検知することはできても、直接的にアレルギーの原因となる、0.5〜50μm程度の大きさであるダニのフンや死骸は探知できません。

しかし、このダニちりセンサーは20μm以上の大きさのチリを判別可能ですので、それらの探知はある程度可能となっています。

このセンサーは、ランプの色でゴミの有無を表すことになりますが、ゴミの多い所では赤、少しある所では黄、そして何もない所では緑を表示します。なので、基本的には掃除をするすべての場所で緑の表示となるまで、使用者は掃除をすることになります。

勿論、ランプが緑になったからと言って本当に綺麗になったかは何とも分かりません。しかし、掃除の際の一つの目安とはなるはずです。


▼毎分約6,000回振動の "たたきパッド"

この機種には、吸引口前に繊維の間のチリを浮かす為の振動パットが設置されていまして、これが毎分約6,000回振動する性能を持っています。

レイコップでは、最大約4,000回/分(「RS」)ですので、その数値はかなり高いです。しかし、これは所詮コードレスですので、小刻みに動くというだけで、振動のパワー自体は低いかもしれません。


▼サイクロンヘッド

"サイクロン" と書いてあるとまるでサイクロン掃除機のようですが、これの場合そうではありません。

実は、ヘッド内部では吸引した空気がそのまま吸い込まれるのではなく渦を巻き、その渦が床面のゴミを浮かせて吸い込み易くしていると言われます。

しかし、コードレス掃除機はそこまで吸込の勢いは強くない筈ですので、多少話半分に聞く必要があると思います。

ただ、この機種のハウスダストの除去率は3分間で95%だとされていますので、一応3分間で90%以上だとされる、レイコップの最上位機種「RS」を上回ります。とは言え、両者とも測定方法が公表されていませんので、この「IC-FDC1」がレイコップを狙って、良い数値が出るような方法を採用した可能性もそれなりにあります。

コードレスというのは、使える電力が限られていますので、基本的に信用が置けません・・・。


▼UVランプも装備

他の大抵の布団用掃除機と同じく、この「IC-FDC1」にもUV(紫外線)ランプが装備されています。

これは5秒間の照射で99%除菌の効果があるとされていますが、レイコップは2秒間で99%だとされていました。

なので、UVの効果はそれほど強くないと言いたいところですが、実はレイコップは現在の上位機種「RS」からは "除菌" や "殺菌" といった宣伝は何故かなされていません。

UVライトは、通常の使い方ではダニは殺せませんし、また、布団の除菌はそもそも普通の家庭では必要ありません。なので、何らかの効果があるとは期待しない方が良いと思います。


▼立てて収納が出来る

これは、ヘッドの付け根・首の部分をエビぞりに曲げることで、本体を縦にして立てて置くことが可能です。

レイコップでは立てて置くためには専用・別売の収納台が必要とされますので、非常に便利に思えます。


▼まとめ

この「IC-FDC1」は、コードレス機の割には性能が高いようです。価格も、レイコップのエントリー機よりも安いので、意外とお買い得なのかもしれません。

しかし、アレルギーがある等して本当にこういった製品が必要な方には、やはり性能優先の製品が必要のはずです。

なので、コードレス掃除機として例外的な性能を持つダイソンのハンディタイプか、レイコップかにしておく方が無難なのではないでしょうか。

勿論、通常の掃除機に布団用ノズルを付けて使用するのでも、全く構わないのですが。


 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


IC-FDC1 コードレス布団クリーナー 12,800円〜
アイリスオーヤマ コードレスふとんクリーナー ホワイト [掃除機] IC-FDC1-WP楽天 12,800円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:振動+UV+サイクロンヘッド(ヘッド内で空気が回転)
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:未公表
14.4Vニッケル水素充電池採用
本体重量:約2.1kg
運転音:未公表
色:パールホワイト(WP)、メタリックブラウン(T)、メタリックピンク(P)
3.5時間充電・約20分可動
ダニちりセンサー
直立可能可動式ヘッド


関連ページ:

レイコップ、その他布団用掃除機

RP-100JWH(100JBK) レイコップRP(2014年度型プレミアム機)

RE-100 レイコップLITE(2014年度型エントリーモデル)

RT-300J ジャパネット・レイコップRT

シャープ EC-HX100 Cornet(コロネ)

日立 PV-FC100

パナソニック MC-DF100C ふとん掃除機

ツカモトエイム AIM-UC03,AIM-UC02 ecomo UVクリーナー

LG VH9201DSW,VH9201DS,VH9201D ふとんパンチクリーナー

布団用掃除機ノズル

ダイソンハンディクリーナー


関連サイト:

コードレスふとんクリーナー製品特徴|アイリスオーヤマ