初心者の掃除機選び.com TOP > トルネオV(高遠心分離型) > VC-SG314 トルネオV〔3.13点〕

VC-SG314 トルネオV〔3.13点〕

VC-SG314は、2014年9月1日に東芝から発売となった新型のサイクロン掃除機です。シリーズ名としては "トルネオV(ヴイ)" と呼ばれる、東芝製の小型の本格サイクロンシリーズの1機種で、これはその中位機種となっています。

しかし、遠心分離力の高い本格サイクロンであることと、小型機であることをウリとするそれらの性質から、吸引力の目安を表す吸込仕事率は200Wと、国内有名メーカー製としては異例の低さとなっています。

これは中位機種とは言え、上位機種とは性能差は殆どありませんので、価格次第ではかなりお得な品ということになります。

評価はおおよそのものです。


▼ ヘッド 4.5 (4.5)

この「VC-SG314」のヘッドは、東芝では上から2番目の性能となる "イオンカーボンヘッド" です。

まず、"イオン" とは、ヘッド内部で回転ブラシと、備え付けのマイナスイオンプレートとの摩擦で生じている、静電気を抑える作用のあるものです。これと回転ブラシとで、フローリングから細かなチリを掻き取りやすく出来ています。

"カーボン" とは、軽量の炭素素材を意味しており、これを用いることでヘッドの軽量化が計られています。

また、このヘッドは、各社の上位品であれば当然ではありますが、回転ブラシの回転力が強い "自走式" でもありますので、軽い操作が可能です。

その他にも、ヘッドを横に90度近く曲げて縦にすることで、家具の間等、ヘッドを外さずに狭い場所に押し込めたり、ヘッドと延伸管を水平にまで出来ることで、家具の下等の約6.5cm以上の高さのすき間を掃除することが可能です。

回転ブラシに毛や糸屑が絡んだ場合には、ヘッド上のカバーを取り外すことで、ヘッドを裏返すことなくお手入れをすることが可能です。この仕組みは東芝独自のもので、現在はこの "イオンカーボンヘッド"、及びその更なる軽量・上位版 "イオンファイバーヘッド" と、廉価版 "(自走式)カーボンヘッド" にしか採用されていません。


▼ 吸込仕事率 1 (1)

この機種の吸込仕事率は200Wです。この数値は、遠心分離力がウリとなるサイクロン掃除機としては標準的ですが、国内有名メーカー製の掃除機全体を見ると、相当な低さということになります。


▼ 清掃力 3 (3)

海外の掃除機メーカーでは、200W前後の吸込仕事率が標準ですので、この機種の200Wが一概に問題だとは言えません。

しかし、海外製は、ヘッドと床のすき間を最低限にして床に吸引力が集中する設計になっているのに対し、この東芝製のヘッドでは、そうはなっていません。これにおいても他の日本メーカーと同様に、ヘッド前の米粒等固形物を吸いやすいよう、床とのすき間を多めに開けた設計となっているので、原理的に無理があると思えます。

もっとも、ヘッドには回転ブラシが付いているので、元々「弱」運転でも良いと言われるフローリング上では特に問題ないはずですし、絨毯上でも、モーター式の回転ブラシが絨毯表面のゴミは掻き取るはずですので、その面では問題はないはずです。つまり、絨毯内部に入り込んだチリには弱いだろう、という話となっています。


▼ サイクロン部(吸引力持続) 4 (4)

この製品のサイクロン部は、"バーティカルトルネードシステム" と称されており、ダイソンと同じく大きなゴミを遠心分離する大きなサイクロンと、2段目としての小さなゴミを遠心分離する12個の小サイクロンから成っています。

バーティカルトルネードシステムの解説動画。再生してみて下さい。

遠心分離力は、数を増やしてでも、小径のサイクロンを使用する方が高まるとされており、ダイソンDC63では、上下2層の計24個の小サイクロンを、前作のDC48では計10個を採用しています。この「VC-SG314」を含むトルネオVでは、計12個の小サイクロンを採用していますので、その数だけを見れば、遠心分離力はそこそこのはずです。

しかし、ダイソンでは消費電力が1,150Wある、通常の1,000Wより15%も高いモーターを使用しているのに対し、トルネオVシリーズでは、逆に15%低い850Wのモーターを使用しています。

ダイソンでは、高性能・高回転の上級モーター "デジタルモーター" を使用しており、非デジタルの日本製と比べて性能は高いはずで、少なく見積もってもその消費電力分、遠心分離力は高いはずです。

東芝とダイソンとのサイクロン部での詳細な性能差については、ダイソンがそのサイクロン部で発生する遠心力を、DC36では29万G、DC46では36万Gと公表しており、それ以降のDC48とDC63では非公表ながら、それに近い数値だと推測できます。しかし、東芝側では全く非公表の為、具体的な比較は不能となっています。

ダイソンの2段サイクロン方式(ルートサイクロンテクノロジー)は、特許で守られているので、他メーカーは真似できないでいるはずです。しかし、東芝がダイソンの特許を回避できた要因として、ダイソンでは、複数の小さなサイクロンで分離したゴミを、ダストカップの中心部の空洞を通して落とす構造であるのに対し、東芝ではダストカップの外延部に溜め、下には落とさない構造となっていることが挙げられるはずです。

この点は、そこに溜まるゴミを再びサイクロンの渦に巻き込みかねない問題と、その部分のゴミの、ゴミ捨ての際の若干の扱いづらさに繋がっています。

尚、トルネオシリーズのサイクロン部の正式な名称は、外からゴミの回るのが見えるダストカップのサイクロン部は、"デュアルトルネードシステム" 。トルネオVにある、ダストカップ上部に追加された12個の小サイクロン部は "バーティカルトルネードシステム" となっています。どちらもカッコ良い呼び名ですが、これらは単なる自称に過ぎません。


▼ ゴミ圧縮 3 (3)

この製品のゴミ圧縮は、ゴミの回るのが見える大サイクロン部の下部で、サイクロンの回転の余波でゴミが転がり続けている内に、約5分の1になるとされています。

小サイクロン部の下部に溜まる細かなチリも、サイクロンの渦で下に押しつけられるせいか、再び吸われずにそこに残っている分は、ある程度固まっています。


▼ ゴミの捨てやすさ 2 (2)

この「VC-SG314」を含むトルネオシリーズでは、ダストカップは、底が下に開くダイソン方式とは違って普通のカップ型ですので、そっとゴミを捨てることが可能です。しかも、確かにある程度ゴミが圧縮されて塊となっていますので、捨てる際にもチリが舞いにくいです。

ただし、小サイクロンで遠心分離された細かなチリは、小サイクロンの直下にくっ付いていますので、お手入れブラシかティッシュか何かで、時々掃ってやる必要があります。


▼ ダストボックスの容量 3 (3)

この製品のダストボックスの容量は0.4Lとなっています。一応は、平均的な一軒家全体を掃除できるだけの容量となっているはずです。


▼ フィルター 3.5 (3.5)

この「VC-SG314」のメインフィルターは、0.5μm以上のホコリの99.9%を捕塵可能な "空気清浄・脱臭フィルター" で、その集塵性能は比較的高めです。

また、排気口フィルターとして、抗菌・ウィルス抑制効果のある "イチョウ葉エキス入りフラボノイドフィルター""脱臭フィルター" も装着しています。

実際にどれだけの効果があるかはともかくとして、脱臭力のあるフィルターを2枚装着していますので、その面でも基本的に優秀なはずです。


▼ 本体重量 4 (4)

この製品の本体重量は、3.2kgです。実際小型ではあるものの、通常サイズ機扱いされる製品の中では相当軽いです。とは言え、サイクロン掃除機の本命である、ダイソンDC63の2.75sにはかなり劣りますが。


▼ ヘッド+延伸管+ホース部重量 3 (3)

この製品のそれらの重量は1.5kgですので、全体としては普通程度です。しかし、モーター式回転ブラシ内蔵の上級ヘッドとしては十分軽いです。

ヘッドの項目で既述ですが、ヘッドにはカーボン素材を採用し、延伸管にはグラスファイバー素材を採用したことで軽く出来ているのが、この機種のウリの一つとなっています。


▼ 運転音(最大値) 2 (2)

この製品の運転音は、64〜約58dBです。これは単に普通のうるさい掃除機といったレベルです。ただ、消費電力が少ない割には、数値は悪いです。


▼ エコモード 3 (3)

この「VC-SG314」のエコモード(自動パワー切替機能)は、

  • ゴミ残しまセンサー
  • 床面識別
  • 節電アイドリング機能
  • 及び、強モードの不使用

の3+1からなっています。

"ゴミ残しまセンサー" とは、赤外線センサーで吸気内のゴミ(チリ)を見分けて、吸引力を上下させる仕組みのことです。これは東芝とパナソニックの上位機種にしかありません。

"床面識別" は、回転ブラシにかかる負荷により、絨毯とフローリングとを識別する機能のことです。絨毯と識別した場合には、高い吸引力を選択します。

"節電アイドリング機能" とは、ヘッドを浮かすと1秒でパワーを低減⇒6秒で一時停止⇒その状態を60秒継続で電源OFFとなる機能のことです。

最後の "強モードの不使用" に関してですが、この製品の消費電力は850W(強)〜約300W(弱)なのですが、実はエコモード時には最大消費電力は500Wに制限されます。

この製品には何と「中」モード がないのですが、そのエコモード時の最大吸引時が、事実上の「中」モードに相当するはずです。

この製品のエコモードは、消費電力を最大52%削減するとされていますが、「強」を使用しないだけで、既に最大42%の削減が達成されています。こういった方法をとるのは、他メーカーでは日立の中位機種だけですので、さすがに感心できません。

結局、絨毯上では「強」を使い、フローリングや畳上では、「エコモード」を使用すべきということなのでしょう。


▼ 消費電力 3.5 (3.5)

先程も述べたように、この製品の消費電力は、850W〜約300Wですので、その最大値は標準的な掃除機の15%減となっています。

しかし、通常クラスのモーターを載せて遠心分離力を高めるのが、サイクロン掃除機として本来のあり方だと思います。特に、この製品より小型のダイソンDC63は1,150Wモーターですので、サイクロンに対する本気度が疑われても仕方がないでしょう。


▼ 特記項目 "ゴミ残しまセンサーランプ" 4.5 (4.5)

エコモードで使われる "ゴミ残しまセンサー" は、吸気内のゴミを赤外線で探知すると、赤いランプを点灯させて使用者に知らせます。このゴミ吸引の視覚化は、掃除のモチベーションを上げるのに一定の効果があります。

ただし、このせいで念入りに掃除をする羽目に陥ると消費電力が増えますが、それでも掃除機の使用は掃除が目的なので、室内が綺麗になる方が良いと言えるでしょう。


▼ 付属ブラシ類 3 (3)

当「VC-SG314」には、手元ブラシと延伸管先端部ブラシ(併せて「2WAYブラシ」)に加えて、通常のすき間ノズルのみが付属しています。

ただし、すき間ノズルを本体に収納する、もしくは延伸管に取り付ける仕組みがないので、非常に残念です。


▼ 価格 3 (3)

この製品は、一応今年度初登場となる位置付けの機種ですので、最安値に関しては何とも分かりません。しかし、それでも発売後1年近く経てば、3万円を切るかもしれません。


▼ 総合評価 3 (3.13)

この「VC-SG314」は、ヘッドの回転ブラシはそこそこ優秀ですし、サイクロン構造も国内メーカー製としては優れていますが、やはりヘッドの構造と低吸込仕事率の組み合わせの問題で、信用が置けません。

しかし、(主に)フローリング用としてなら十分のはずなので、その用途であれば、高価なダイソンを買うまでもないかもしれません。


また、"ゴミ残しまセンサー""床面検知" に制御される自動パワーコントロール機能(エコモード)が付いているのは良いのですが、切替モードが "中" と "弱" のみで、肝心の "強" が含まれていません。このシリーズは吸引力がただでさえ弱いのに、エコモードで使うと "強" まで失ってしまうとは、正直本当に真面目に作るつもりがあるのか? 掃除性能より "消費電力量最大約52%削減" と書くことが出来る方が、東芝には重要なのではないか、と思えてしまいます。

ヘッドを浮かせると吸引が止まるアイドリングストップ機能も、エコモード時にしか働かない為に、必然的に最大吸引時には一切使えない設定となってしまっているので、何とも無残な話です。

しかし、やはりフローリングであれば、"強" でなくても十分ですので、やはりこのシリーズの機種はフローリングで使うのが好ましいのではないでしょうか。


ダイソンの欠点として、サイクロン部分(2段目の複数の小サイクロン部分)を掃除出来ないということがあるのですが、こちらのシリーズでは何と同部分は分解・水洗いが可能です。勿論、そこは掃除出来なくて問題がないですし、分解できる構造にすると、やはり微妙な空気漏れや騒音の増加に繋がりますので、真面目にサイクロンを作るとなると、妥協できない部分となるのではないかと思います。

実のところ、その部分の清掃不能が気になる方も、慣れてしまえば気にならなくなるのではないかと思います。しかし、慣れるまでは、東芝のように分解できた方が気分が楽であるのかもしれませんが。

ちなみに、サイクロン掃除機にも必ず一般的なフィルターが付いていますので、掃除機内部がホコリで汚れていても、そのホコリが外へ漏れ出ることは、フィルター性能の範囲において原則としてありません。

そういった所が気になる方は、きっと殆ど毎日掃除するタイプの方でしょうから、そう考えると気になる気持ちも分かります。しかし、そういう方は紙パック式にしておけば、分解して洗浄しよう等と余計なことを考える必要もなく、安心して掃除ができるのではないでしょうか(笑)。

◆当「VC-SG314」と、前年度型「VC-SG413」との違い


2013年度型「VC-SG413」の後継機種は、この上位機種「VC-SG414」となるのですが、仕様は微妙にこちらの方が近いので、一応書いておきます。


VC-SG413VC-SG314
発売日2013年9月1日2014年9月1日
床の菌まで除去×
延伸管カーボン素材採用グラスファイバー素材採用
ホース従来型径小型
本体モーター従来型軽量型
本体/全体重量3.3/4.8kg3.2/4.7kg
手元グリップ新らくわざグリップ(最新)らくわざフリーグリップ

これらは要するに、

  1. 本体で100gの、延伸管とホース部で100g未満の軽量化
  2. 手元グリップが、人間工学に基づいてより丸みを帯びて使いやすい(とされる)新型に
  3. 回転ブラシが、「床の菌まで除去」の効果まではないものにダウングレード

ということになります。

ヘッドは、それでも一応高性能ですが。

部品が細々と軽量化されていますが、表面上大きな違いはありません。

◆トルネオV 上・下位機種との比較


VC-SG414VC-SG314VC-S214
ヘッドイオンファイバーヘッドイオンカーボンヘッド軽量コンパクト
パワーヘッド
自走式回転ブラシ×
マイナスイオン
プレート
×
床の菌まで
拭き掃除効果
×
本体/全体重量3.2/4.6kg3.2/4.7kg
ゴミ残しまセンサー×
ワイドピカッと
ブラシ
×
手元グリップ(最新)らくわざフリーグリップ新らくわざグリップ

上位機種「VC-SG414」との違いは、そちらではヘッドが超軽量型で、回転ブラシも清掃力が少し高いものが採用されています。

"ワイドピカッとブラシ" とは、ヘッド前、そしてヘッドを外した場合にも延伸管先端部の(非回転)ブラシの先を照らすことが出来るもので、テーブルの下や隙間掃除の際に便利な物です。

下位機種「VC-S214」との違いは、そちらではヘッドがもう一段劣って残念な物になっており、手元グリップも2013年度までの最上位品・従来型ということになっています。これに関しては、どちらでも良いだろうと思いますが・・・。

また、吸気内のゴミを見分ける "ゴミ残しまセンサー" も未装備となっています。

これら3機種、+ここには載っていない最上位機種の「VC-SG514」は、結局皆同じような物なのです。東芝が妙に張り切って、4バージョンも作ってしまっただけとなります。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


VC-SG314 トルネオV
東芝 サイクロン式クリーナー(自走式パワーブラシ)メタリックピンク【掃除機】TOSHIBA TORNEO V(トルネオV) VC-SG314-P楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:イオンカーボンヘッド(自走式パワーブラシ)
目詰まり対策:(2段サイクロン/12気筒)
吸込仕事率:200W[エコ自動モード有]
本体重量:3.2kg/ 全体重量:4.7kg
運転音:64dB〜約58dB
排気方法:― ― ― /集塵容積:0.4L
持ち手(本体):固定式
すき間ノズル収納:収納なし
色:サテンゴールド(N)、メタリックピンク(P)
ゴミ残しまセンサー付


前年度型

VC-SG413 トルネオV
東芝 【自走式ブラシ搭載】サイクロンクリーナー 「トルネオ」 VC-SG413-P メタリックピンク楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:イオンカーボンヘッド(自走式パワーブラシ)
目詰まり対策:(2段サイクロン/12気筒)
吸込仕事率:200W[エコ自動モード有]
本体重量:3.3kg/ 全体重量:4.8kg
運転音:64dB〜約58dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
すき間ノズル収納:収納なし
色:メタリックピンク(D)
集塵容積:0.4L
ゴミ残しまセンサー付


関連ページ:

VC-MG600 トルネオV(2015年度型後継機種) 最新製品

VC-SG414 トルネオV(上位機種)

VC-S214 トルネオV(下位機種)

VC-SG513 VC-SG413 トルネオV(前年度型)

VC-CL1200/VC-CL200 トルネオVコードレス(ハンディ+スティック型)

おすすめの掃除機・サイクロン式

東芝掃除機

掃除機・機種別★(星)評価の基準


関連サイト:

VC-SG314(N)(P)|東芝公式サイト

軽く丈夫なグラスファイバー素材採用のサイクロン式クリーナー「TORNEO V」の発売について|東芝プレスリリース