初心者の掃除機選び.com TOP > 日立 2段ブーストサイクロン > CV-SY300 小型版2段ブーストサイクロン

CV-SY300 小型版2段ブーストサイクロン

CV-SY300は、日立から2013年8月24日に発売となった、新型(マイナーチェンジ)のサイクロン掃除機です。シリーズ名としては "2段ブーストサイクロン" と呼ばれますが、これはその小型版ハイパワー型の下位機種ということになります。

その特徴としては、日立製の最上級ヘッドを装着しており、フィルターもかなり高性能です。

しかし、サイクロン掃除機として肝心なサイクロン部分は、ティッシュをフィルター代わりにして集塵する方式であり、遠心分離も一応取り入れてはいるものの、あってもなくてもあまり変わらない中途半端なものとなっています。


評価はおおよそのものです。


▼ ヘッド 5ツ星評価 (5)

この「CV-SY300」のヘッドは、"スマートヘッド" と呼ばれる日立製の最高性能ヘッドです。これは、日本製の大抵の他メーカー製の最上級ヘッドと同様に、フローリングの菌までその内蔵回転ブラシで拭き取る性能があるとされています。

これは、ヘッド幅が30cmと、シャープ製と共に例外的な広さを誇り、一度に広い面積を掃除できるよう作ってありますが、カーボン素材を用いることと、余分なスペースをなくすことでの軽量設計となっています。

従来型では、ヘッドを手前に引く際には、どんな掃除機にも吸込口後方に大抵付いている起毛部分(※これは、吸い逃したゴミ、及び回転ブラシが後方に弾いたゴミを逃さないようにする為の物であるはずです)が邪魔をし、ゴミを吸い込めないことがあるそうですが、今年度からは、それを解決する為に、起毛部分をヘッドを引く際にのみ回転するローラー式としたことが、このヘッドのウリとなっています。

(新搭載の吸込口後方のローラーは、ヘッドの中央部には付いていませんが、中央部でもゴミは吸い込まれています。なので、わざわざローラーを付ける必要まではなかったようにも見えます)

また、このヘッドは付け根の可動部が柔軟に動く為、ヘッドを横に90度曲げて縦にすることで、家具の間等の狭い場所に押し込んだり(「クルッとヘッド」)、ヘッドと延伸管をほぼ水平にまで出来ることで(「ペタリンコ構造」)、高さ8cm以上の家具の下等のすき間を、掃除しやすく出来ています(公式サイトによるヘッド機能の解説)


▼ 吸込仕事率 3ツ星評価 (3)

この機種の吸込仕事率は、400W〜約50Wです。どちらかと言うと低いですが、一応の遠心分離をウリとするタイプとしては、標準的な範囲内にあります。これはあまり気にする必要はないでしょう。


▼ 清掃力 4.5ツ星評価 (4.5)

ヘッド性能は高いものの、吸込仕事率はそれ程ではないので、これ位だろうということで・・・。


▼ 吸引力持続 2ツ星評価 (2)

この「CV-SY300」を含む "2段ブーストサイクロン" は、基本的にメインフィルター前にティッシュを挟み、それをフィルター代わりにして使い捨てにする "なんちゃってサイクロン" です。

ただし、ややこしいのは、この "2段ブーストサイクロン" では、下位シリーズの "ごみダッシュサイクロン" とは違い、そのティッシュを挟んだ集塵部に吸気が届く前に、吸気を横に(原則)一回転させて、その円状の風路の中心部に吸気の一部を強引に抜き出して吸い上げ、遠心力でそちらに曲がり損ねて本来の円状の風路に沿って進んだ大きなゴミを含む空気のみを、ティッシュを挟んだその集塵部に届けています。

それは遠心分離だと言えばそうなのですが、その程度の仕組みで細かなチリまで遠心分離できるとはとても考えることは出来ません。

そして、その円状の風路の中心に抜き出して吸い上げられた、大きなゴミと分けられた吸気は、ティッシュ部を通らずに、何とメインフィルターに直接到達します。

遠心分離されて、ティッシュ側に分けられた大きなゴミを含む吸気も、そのティッシュ部で濾されて、その後にメインフィルターに到達することになります。

なので、遠心分離とは言っても、そこで2手に分けられた吸気は、どちらもメインフィルターを通ることになります

しかし、主な集塵部となるティッシュ側には、大小を問わずのゴミが溜まることで、空気の流れが早めに悪くなります。そうなると、吸気はメインフィルターに直接到達する側の風路に多く流れ始めますので、遠心分離の効率も下がり、次はメインフィルターが詰まることになります。そしてそうなると、丁度ゴミの捨て時ということになります。


実のところ、下位シリーズの "ごみダッシュサイクロン" のように、遠心分離部を持たず、全てのゴミがティッシュ部を通っても、結局は "2段ブーストサイクロン" と同じく、全ての吸気はメインフィルターを通ることになります。なので、中途半端な遠心分離を行う必要は特にないはずです。

事実上、上位シリーズの "2段ブーストサイクロン" では、そのティッシュ部にゴミが溜まって詰まってきた際に、まだ余裕のあるメインフィルターにゴミを多く含む空気を直接流すことで、吸引力を若干長続きさせるという方式となっています。

メインフィルターは、電源コードの出し入れと連動したフィルター振動で、到達したチリを自動で落としてある程度綺麗に保たれる仕組みとなっていますが、それでもフィルター振動では落ち切らないチリが徐々に溜まって行きます。

なので、メインフィルターに出来るだけチリを到達させないことで、1回1回ではなく、長い目で見て吸引力を持続させようとすれば、メインフィルターに直接チリを届ける風路のある、中途半端な遠心分離部を設けずに、吸気は全てティッシュ部を通過させ、そこが詰まれば、それでゴミを捨てましょう、とした方が良いはずです。

つまり、このような方法をとるのであれば、そもそも下位シリーズのティッシュ部だけを持つ "ごみダッシュサイクロン" で良いのではないかと思えます。

しかし、自社製品を "サイクロン掃除機" として堂々と売る為には、明らかに遠心分離をするサイクロン部がどうしても必要なので、フラッグシップモデルとなる上位シリーズには、そのようなよく分からない方式でも、ないよりはマシと採用しているのではないかと思います。

日立製サイクロン掃除機の構造

正直、一流メーカーのはずの日立には、もっと良いサイクロンを開発する能力はさすがにあるだろうと思います。しかし、恐らくは費用対効果の観点から、新たにお金を掛けて開発し、今より高いコストでサイクロン掃除機を販売するよりも、今のままで、ある程度の売り上げを上げられる方が得である、と計算しているのではないかと思えます。

勿論、掃除機として使えない訳ではないので、ご購入になっても問題はありません。しかし、こういったよく分からない中途半端な物であるらしいということは把握した上で、それでもそれで構わないから、とお買い求めになるのが、当人にとって良いことであるのではないかと思います。


▼ ゴミ圧縮 4ツ星評価 (4)

"2段ブーストサイクロン" におけるゴミ圧縮効果は、仕組みとして単に紙パック式と同等のはずです。とは言え、紙パックのように中が一杯になる前に、ゴミを捨てることになるので、あのように圧縮される訳ではありませんが。

ただし、圧縮効果があるのは、ティッシュで集塵する大きなホコリのみで、メインフィルターから出る本当に厄介な微細なチリには、圧縮は無関係です。


▼ ゴミの捨てやすさ 1.5ツ星評価 (1.5)

この "2段ブーストサイクロン" は、ダストボックス部は "ごみダッシュサイクロン" と同一の構造で、ゴミ捨て時に開口ボタンを押すと、ティッシュを挟んだ部分がバネで飛び出す仕組みとなっています。

また、ティッシュを挟んでおいてゴミを捨てる際には、下に落ちた際にティッシュが上に被さる形になることにより、ゴミの舞い上がりを抑えることが出来るとされています。

そしてそれらにより、これらの機種では、"ごみ捨て簡単・清潔" と堂々と謳われています。

しかし、バネで飛び出してボトッと落ちれば、やはり落ちた際にホコリが舞います。なので、そうならない為には、中身が飛び出さないように容器を開け、溜まったホコリをティッシュを持ってそっと取り出す必要があります。

また、フィルター振動によりメインフィルターから出る微細なチリは、ティッシュを通り抜けており、ティッシュとは別に捨てなければならないので、舞いやすく厄介です。


▼ ダストボックスの容量 1ツ星評価 (1)

小型版 "2段ブーストサイクロン" におけるダストボックスの容量は、0.25Lです。これはサイクロン式の小型機としては丁度標準の数値ですが、ゴミ圧縮効果もありますので、少し多めに入るはずです。

ただ、この容量だと、一軒家向けという感じではありません。ゴミは毎回捨てるつもりでいた方が良いでしょう。


▼ フィルター 4ツ星評価 (4)

この「CV-SY300」のフィルターは、高性能で有名なHEPAフィルター相当ですので、性能は十分以上です。0.3μm以上のホコリの約99.9%を捕塵可能だとされています。

(HEPAフィルター[HEPA規格のフィルター]と呼ばれる為には、フィルターの単独性能として、0.3μm以上のホコリの99.97%以上の集塵率が必要です。しかし、日立製の場合には、ドイツ・SLG社によって、フィルター単独ではなく実機を用いた計測が行われている為、控えめな数値が出ているようです)


▼ 本体重量 3ツ星評価 (3)

「CV-SY300」の本体重量は3.6kgなので、確かにサイクロン式としては小型ですが、紙パック式も含めると、普通程度だと言うことが出来ます。


▼ ヘッド+延伸管+ホース部重量 3ツ星評価 (3)

それらの重量は1.5kgですので、全体としては普通程度ですが、モーター式回転ブラシの機種としては軽いです。

ヘッドの回転ブラシの軸部分と、延伸管とに軽量カーボン素材を用いると共に(「カーボンライト」)、従来品より細くて軽く、表面が滑りやすくて取り回しの良い "スマートホース" を用いることで軽量化がなされたというのが、この機種のウリの一つとなっています。


▼ 運転音(最大値) 4ツ星評価 (4)

この機種の運転音は、57〜約53dBですので、掃除機としては静かな部類に入ります。


▼ エコモード 3ツ星評価 (3)

この「CV-SY300」のエコモード(自動パワー制御)は、"床面検知" と、恐らくはその仕組みを応用した、ヘッドの操作速度等を検知する "操作力検知"、そしてヘッドを止めていると自動でパワーダウン⇒停止へと至る "アイドリング&ストップ" から成ります。

"床面検知" と "操作力検知" を用いて6分間フローリングを掃除した場合、「強モード」のみで同等の条件下を掃除した場合と比べて、最大約75%の省エネになるとされています。しかし、それは要するに、「強」と「中」が殆ど使用されず、ほぼ「弱」のみで運転された場合との比較を表しています。


▼ 付属ブラシ類 3.5ツ星評価 (3.5)

付属ブラシ類は、通常のすき間ノズル("すき間用吸口")と、延伸管先端部か手元グリップ部のどちらかに接続して使うブラシ、"クルッとブラシ" 、そして高所・狭所用ノズルの "ワイド曲が〜るロング吸口" となります。

日立製の高額ヘッドは、ヘッド付根の関節が横に90度曲がることで、比較的狭い場所の掃除も可能です。なので、延伸管先端部はそちらに任せて、"クルッとブラシ" に関しては、手元グリップ部に取り付けておくのが、普通なのではないかと思います。

また、すき間ノズルについてですが、何と別売の "すき間用吸口ホルダー" なしでは、本体・延伸管に取り付けて保管することが出来ません。勿論、そのようなことはどちらでも構わなければ、問題ありませんが・・・。


▼ 特記項目 "サッとズームパイプ" 4ツ星評価 (4)

この「CV-SY300」を含む、日立製の中程度以上の機種には、"サッとズームパイプ" という、足でヘッドを抑えて手元トリガーを指で引きながら、延伸管を伸び縮みさせて長さを調節する機能があります。これは、日立製掃除機に慣れた使用者が、同社製から離れられない要因となっています。


▼ 価格 3ツ星評価 (3)

この機種は、前年度型を見る限りでは、2万4千円程度にはなると思われます。ただ、前年度型はもう余りに余っているようで、結局2万円程度にまで下がっています。


▼ 総合評価 3ツ星評価 (3.23)

当「CV-SY300」は、高性能な排気性能がウリとなる機種ですが、サイクロン式自体ゴミ捨て時に基本ゴミが舞いますので、幾ら排気が綺麗でも、結局はホコリの問題に行き着きます。

また、日立製は、サイクロン部に関しても何とも残念な物で、特に上位シリーズのこの "2段ブーストサイクロン" に関しては、遠心分離部分はなくても良いのではないかと思えます。

サイクロン式として小型であることに関しても、もっと小型の製品はありますし、その中にはサイクロン部がこれよりマシに見える製品もありますので、小型であることもあまりウリにはなりません。

結局これは、日立を贔屓にしていらっしゃる方が、お買いになる製品だという事なのかもしれません。


◆ 当「CV-SY300」と、前年度型「CV-SW200」との比較


CV-SW200CV-SY300
ヘッドワイドごみハンターヘッドスマートヘッド
本体/全体重量3.5/5.1kg3.5/5.0kg
消費電力
(吸込仕事率は
400〜約50Wで共通)
950〜約170W950〜約190W
集塵率
(0.3μm以上)
99%99.9%
運転音60〜約53dB57〜約53dB
すき間用吸口
ホルダー
×

ヘッドの変更は、スリム化と吸込口後方の起毛部分がローラーになったバージョンアップですが、軽くなったのはヘッドのみでは30gだという話です。全体で100g軽くなっているのは、四捨五入によるものなのか、それともその他の部分も軽くなっているのかは不明です。

本体重量に変化はないか、あっても僅かなのに、運転音の最大値が3dBも改善されたのは素晴らしいと思います。

"すき間用吸口ホルダー" というのはこれのことで、324円(送料別)で買えるものです。価格は高いのに、こんな物をケチるとは情けないです・・・。


◆ 日立・小型版2段ブーストサイクロン、上・下位機種との比較


CV-SY500
(小型強力機)
CV-SY300
(小型強力機)
CV-SY200
(小型軽量機)
吸込仕事率400〜約50W400〜約50W330〜約40W
消費電力950〜約190W950〜約190W850〜約180W
本体/全体重量3.6/5.1s3.5/5.0s2.9/4.4kg
運転音57〜約53dB57〜約53dB59〜約55dB
フィルターULPA級
(超高性能)
HEPA級
(高性能)
標準品
集塵率
(0.3μm以上)
99.999%99.9%未公表
ワイド曲が〜る
ロング吸口
×

上位機種「CV-SY500」は、当「CV-SY300」のフィルター性能を業界最高レベルに向上させた、小型版 "2段ブーストサイクロン" の最上位機種です。

しかし、こちらでも排気は十分に綺麗ですので、排気性能にこだわる理由がないのであれば、無駄なハイスペックということになります。

下位機種「CV-SY200」は、本体重量を600gも軽くする代わりに、吸込仕事率&運転音&フィルター性能を低く抑えた、2013年度新登場の軽量版機種です。

吸込仕事率は、小型機としては実は普通程度ですが、400W程度を普通としていたこれらのシリーズとしてはやはり低いですので、あまり感心できません。

勿論、日立がお気に入りで、(そこそこ)軽いサイクロン式が良いという方には、良いのかもしれませんが。


 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CV-SY300 小型強力版2段ブーストサイクロン
日立 サイクロン式掃除機 「2段ブーストサイクロン」 CV-SY300-N シャンパン
楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー」:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:スマートヘッド(自走式)
目詰まり対策:コード連動式フィルター振動機構&ティッシュ装着
吸込仕事率:400〜約50W[エコ自動モード有]
本体重量:3.5kg/ 全体重量:5.0kg
運転音:57〜約53dB
排気方法:分散上方排気
持ち手(本体):固定式×2
すき間ノズル収納:なし(要別売ホルダー)
色:ルビーレッド(R)、シャンパン(N)
HEPAフィルター(とほぼ同等)仕様
ワイド曲が〜るロング吸口(主に高所用ノズル)


前年度型

CV-SW200 小型版2段ブーストサイクロン
日立 サイクロン式 パワーブラシクリーナー(ルビーレッド)【掃除機】HITACHI 2段ブーストサイクロン CV-SW200-R楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:ワイドごみハンターヘッド(自走式パワーブラシ)
目詰まり対策:コード連動式フィルター振動機構&ティッシュ装着
吸込仕事率:400〜約50W[エコ自動モード有]
本体重量:3.5kg/ 全体重量:5.1kg
運転音:60〜約53dB
排気方法:分散上方排気
持ち手(本体):固定式×2
すき間ノズル収納:なし(要別売ホルダー)
色:ルビーレッド(R)、シャンパン(N)
HEPAフィルター(とほぼ同等)仕様
ワイド曲が〜るロング吸口(主に高所用ノズル)


関連ページ:

CV-SA300 パワーブーストサイクロン(2014年度型後継機種) 最新製品

CV-SY500 2段ブーストサイクロン(上位機種)

CV-SY200 2段ブーストサイクロン(下位機種)

CV-SW200 CV-SW100(前年度型シリーズ)

ごみダッシュサイクロン(下位シリーズ)

おすすめの掃除機・サイクロン式

日立掃除機

掃除機・機種別★(星)評価の基準


関連サイト:

CV-SY300(N)(R) 2段ブーストサイクロン|日立公式サイト





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。