初心者の掃除機選び.com TOP > 掃除機 性能比較 > 掃除機用紙パック 価格・排気性能ランキング

掃除機用紙パック 価格・排気性能ランキング

メーカー純正の家庭用掃除機用紙パックの価格(定価)ランキングです。

12位程度までが一級品ですが、海外製の価格が意外と安いのも目に付きます。

尚、これらは定価ですので、amazon等だと若干の値引きがあります。


順位定価(1枚)型番メーカー名タイプ
1約667円GP-2000FS日立超集塵力
2約433円GP-130FS日立高集塵力
3400円AMC-HC12
(逃さんパック)
パナソニック高集塵力&
吸引力持続
3400円AMC-ZC5パナソニック脱臭力強化
3400円SC-PX17サンヨー吸引力持続
6375円F/J/M[S4000,S6000用]
[フィルター費込](3.5L)
ミーレ標準品
(高集塵力)
7約367円E210[ウルトラワン専用]
(5L)
エレクトロラックス標準品
(高集塵力)
8350円VPF-7東芝高集塵力&
吸引力持続
9約333円AMC-HC11
(逃さんパック)
パナソニック高集塵力&
吸引力持続
10300円G/N[S5000系用]
[フィルター費込](4.5L)
ミーレ標準品
(高集塵力)
11260円MP-9三菱脱臭力強化
12250円E201[オキシジェン等用]
(3L)
エレクトロラックス標準品
(高集塵力)
13約233円EES96 e-bag
[エルゴスリー専用](1.6L)
エレクトロラックス標準品
(高集塵力)
14240円AMC-NC6パナソニック防臭・抗菌加工
15220円GP-110F日立集塵力(中)
15220円SC-P16サンヨー集塵力(中)
17200円AMC-NC5パナソニック防臭加工
17200円MP-7三菱抗菌・消臭
・抗アレル
17200円SC-P15サンヨー吸引持続(中)
20180円VPF-5東芝集塵力(中)
21150円EC-16PNシャープ抗菌加工
22140円VPF-6東芝防臭
22140円GP-75F日立防臭・抗菌
22140円AMC-S5パナソニック標準品
22140円SC-P14サンヨー標準品
26130円MP-3三菱抗菌・消臭
27110円EC-06PNシャープ標準品
28100円MP-2三菱標準品

"防臭" と "消臭" 、"脱臭" の違いとしては、意味としてはニオイが出るのを防ぐのと、ニオイが出てから消すという違いがあるでしょうが、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか。ただ、日立では、"消臭" が "防臭" の上になるようです。

また、"抗アレル" というのは、アレルギー性物質を不活性化する効果があるという意味です。三菱製の "MP-9" にも同様の効果が記載されていますが、実は本来 "アレルパンチ" の名でよばれています。アレルギー性物質にパンチしてやっつけるという、意味が通じない程にストレートな意味のようですが(笑)

尚、国内メーカー製の紙パック式掃除機の紙パックの容量が1.5L前後であるのに対し、ドイツのミーレ社の製品と、スウェーデン・エレクトロラックス社の旧機種では、その2倍以上のゴミの収容が可能です。なので、それらの場合、コストは実質的に半額以下ということになっています。


排気性能ランキング

 1μmとは1000分の1mmを表します。

  1. 日立 GP-2000FS日立紙パック式最上位機種内蔵のULPA級フィルター = 0.3μmの99.999%(実測値)
  2. [本体廃番] エレクトロラックス E210ウルトラワン専用HEPA13フィルター = 0.3μmの99.9997%
  3. [本体廃番] エレクトロラックス E201オキシジェン等用HEPA13フィルター = 0.3μmの99.9997%
  4. エレクトロラックス EES96エルゴスリー内蔵HEPA12フィルター = 0.3μmの・・・未記載[99.97%(理論値)]
  5. ミーレ F/J/MS4000,S6000用フィルター = 0.3μmの99.55% (別売HEPA12フィルター有)
  6. [本体廃番] ミーレ G/NS5000用フィルター = 0.3μmの99.55% (別売HEPA12フィルター有)
  7. 日立 GP-130FS日立紙パック式上位2番目機種内蔵のHEPA12級フィルター = 0.3μmの約99%
  8. パナソニック AMC-HC12&11 + パナソニック紙パック式掃除機全機種 = 0.5μmの約99.9%
  9. 三菱 MP-9紙パック式Be-K(ビケイ)(2013年度型〜)内蔵フィルター = 0.5μmの約99%以上
  10. 東芝 VPF-7東芝紙パック式掃除機全機種 = 0.5μmの約99%

一応10位までの記述となっていますが、これは10位で区切った訳ではなく、これら以外の紙パック式掃除機では、具体的な排気性能が未公表となっているからです。勿論、不明な訳ではなく、性能が低くてウリとならないだけに、単に伏せてあるはずです。

排気のきれいさを求めるのであれば、HEPA以上となる7位までが、一応望ましいということになります。それ以下でも普通よりは綺麗ですので、排気を幾らかでも意識するのであれば、それら辺りが好ましいと言えるでしょう。

ただ、三菱の "MP-9" に関しては、2012年度までの紙パック式Be-K(ビケイ)では、1.0μm以上の約99%以上の集塵性能だとされていたので、細かなチリは紙パックではなく、本体内蔵のフィルターで主に集塵しているはずです。本体内蔵のフィルターは洗浄・交換不能ですので、8位と10位のパナソニック製と東芝製と比べると、価格の通りにやはり見劣りします。それに関しては、集塵力というよりも、あくまで脱臭力強化型だと言うことで・・・。

また、それらにおいても紙パックはそこそこ高価ですので、掃除機の使用者本人にアレルギー等がある訳でなければ、サイクロン式でHEPAフィルターを使用している機種を選ぶのも良いでしょう。


関連ページ:

排気のきれいな掃除機

ULPAフィルターのついた掃除機

HEPAフィルターのついた掃除機

各社共通紙パック

おすすめの掃除機・紙パック式

掃除機の吸引力ランキング


関連サイト:

1枚700円する日立掃除機用紙パックの実力(家電Watch)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。