初心者の掃除機選び.com TOP > HITACHI かるパック > CV-PY300 かるパック

CV-PY300 かるパック

CV-PY300は、日立から2013年7月20日に発売となった新型(マイナーチェンジ)の紙パック式掃除機です。一応シリーズ名として "かるパック" と呼ばれていまして、本体重量は3.7kgなので、上位機種としては軽く出来ています。そしてこれは、その "かるパック" 中の最上位機種ということになります。

その最大の特徴は、排気の綺麗さで、0.3μメートル以上のホコリの99.999%を捕塵可能な超高性能フィルター(ULPAフィルター相当)を備えていることが挙げられます。これは、日本国内で販売されている紙パック式掃除機としては最高性能ということになります。ただし、紙パックも1枚で500円近くする、国内で最高価格となる専用品となっています。
また、運転音も、最大値としては、紙パック式としては一番静かである、56〜約50dBということになっています。
しかし、それらの代わりに、吸引力を表す吸込仕事率は500Wしかありません。500Wあれば一応十分なのだということだとは思いますが、この下位機種「CV-PY30」が、その約3割増しの670Wもある事を考えると、少し物足りません。

また、ヘッドには、"スマートヘッド" という、フローリングの菌までその内蔵の回転ブラシで拭き取るという、日立製の最高性能ヘッドを装備しています。これは、ヘッド幅は30cmと、一度に広い面積を掃除できるよう幅広に作ってありますが、カーボン素材を用いると共に、余分なスペースをなくすことでの軽量設計となっています。
従来型では、ヘッドを手前に引く際には、内蔵の回転ブラシの後部にほぼ必ず付いている起毛ブラシ部分(※これは、吸い逃したゴミ、及び回転ブラシが後方に弾いたゴミを逃さないようにする為の物であるはず)が邪魔をし、ゴミを吸い込めないことがあるそうですが、今年度からは、それを解決する為に、起毛ブラシ部分を引く際にのみ回転するローラー式としたことが、このヘッドのウリともなっています(公式サイトによるヘッド機能の解説)
(※新搭載の吸込口後方のローラーは、ヘッドの中央部には付いていませんが、中央部でもゴミは吸い込まれています。なので、わざわざローラーを付ける必要まではなかったようにも見えます)
この機種には、ホースにも、表面が滑りやすくて扱いやすい上に細めの "スマートホース" を採用することで、ヘッド+延伸管+ホース部で約1.5kgとなっています。これは各メーカーの紙パック式の最上位ヘッド装備機種としては、一番の軽さということになります。
なので、この「CV-PY300」は、本体、全体重量共に、紙パック式の上位機種としては、かなり軽い方の掃除機ということになります。

この機種には、前年度型として「CV-PW300」がありますが、違いとしては、
  • ヘッドが "ワイドごみハンターヘッド" ⇒コンパクトで引く際に後部から吸いやすい "スマートヘッド" に
  • 運転音が、59dB〜約51dB ⇒ 56〜約50dBに改善
  • 本体重量として約100g、全体重量としては約200g軽量化された
  • "すき間用吸口ホルダー" の省略
  • 回転ブラシ部に施されていた "ナノチタン消臭加工" の省略
  • フィルター部の消臭加工が、 "ナノチタン消臭加工" ⇒単なる "消臭加工" に
となるようです。
ヘッドがより使いやすいよう改良された上に、運転音も最大値で3dBも改善され、重量も減り、とかなり良いマイナーチェンジだと思いますが、たった定価で315円の "すき間用吸口ホルダー" が省略されてしまったことで、すき間ノズルを延伸管に取付する事が出来なくなってしまいました(※本体には収納できません)。それには別売品があるので、別売で買うか、すき間ノズルの事等あまり気にしなければ、それで済む話ではありますが・・・。
あと、今年度型から "パワー長持ち流路" という紙パックの後部だけではなく、上からも吸う仕組みの表記がなくなっていますが、従来どおりに電源コードの出し入れと連動して紙パックを振動させ、パック内でゴミを下に落とす仕組みと一体となって付います。

この「CV-PY300」は、国内メーカー製としては吸込仕事率が低いのがどうしても気にはなります。しかし、国内メーカー製の紙パック式で排気が最高レベルに綺麗な掃除機は、この機種だけですので、まあ仕方がないのではないでしょうか。この下位機種の「CV-PY30」になると、パワーは非常に高いですが、排気性能や運転音は劣ることになります。
海外メーカー製で良ければ、0.05μメートルのホコリの99.5%以上の集塵が可能であるとされる(こちらとの直接の比較は不能ながら、そちらはHEPA12という規格のフィルターなので、こちらの方が上のはずです)、エレクトロラックス社の「エルゴスリー」という選択肢もありまして、発売後しばらくはそちらの方が安いはずです。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CV-PY300 かるパック
日立 紙パック式 パワーブラシクリーナー(ルビーレッド)【掃除機】HITACHI かるパック CV-PY300-R楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:スマートヘッド(自走式)
目詰まり対策:コード連動式紙パック振動機構(&パワー長持ち流路)
吸込仕事率:500〜約80W
エコモード:床面検知+操作力検知+ブラシ回転数制御+アイドリング&ストップ
本体重量:3.7kg/ 全体重量:5.2kg
運転音:56〜約50dB
排気方法:分散上方排気
持ち手(本体):固定式×1、折り畳み×1
手元ブラシ:△/すき間ノズル収納:なし
色:ルビーレッド(R)、マグノリア(XV)
超高性能なULPAフィルター(と同等)仕様
純正紙パック:GP-2000FS(1枚付属)
ワイド曲が〜るロング吸口付(高所用ノズル)
手元ブラシとして使える "クルッとブラシ" は、手元部か延伸管先端かのどちらかを選択して付ける物です。
すき間ノズルの収納は、別売の "すき間用吸口ホルダー" (定価:315円)を延伸管に付けることで、延伸管横に取り付けることが一応出来ます。

前年度型
CV-PW300 かるパック
HITACHI かるパック クリーナー CV-PW300-R楽天
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:軽量・ワイドごみハンターヘッド(自走式)
目詰まり対策:コード連動式紙パック振動機構&パワー長持ち流路
吸込仕事率:500〜約80W
エコモード:床面検知+操作力検知+ブラシ回転数制御+アイドリング&ストップ
本体重量:3.8kg/ 全体重量:5.4kg
運転音:59〜約51dB
排気方法:分散上方排気
持ち手(本体):固定式×1、折り畳み×1
手元ブラシ:△/すき間ノズル収納:延伸管横
色:ルビーレッド(R)シャンパン(N)
超高性能なULPAフィルター(と同等)仕様
ワイド曲が〜るロング吸口付(高所用ノズル)


関連ページ:
CV-PA300(2014年度型後継機種) 最新製品
CV-PW300(前年度型)
エルゴスリー(エレクトロラックス社)
CV-PY30(下位機種)
日立掃除機
排気のきれいな掃除機
音の静かな掃除機
各社最高性能機一覧
ワイド曲が〜るロング吸口
関連サイト:
CV-PY300|日立公式サイト




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。