コーボルトVR100

ドイツの絨毯・掃除機の製造業社・フォアベルクの日本法人・コーボルトジャパンから、コーボルトVR100というロボット掃除機が、2013年1月15日オープンの同社のオンラインショップで発売となっています(「コーボルト」とはコボルトのことで、いたずら好きの小鬼、といったような意味を持ちます。英語では、ゴブリンとも訳されます ^^;)
ただ、これは2010年に発売となっている、Neato Roboticsという米・カリフォルニア州シリコンバレーの企業のロボット掃除機XV-11のOEM品のようで、後に述べる幾つかの違いはあるものの、基本的には同一製品です。

性能としては、掃除開始時には1秒間に1,800回360度スキャンを行うレーザー(「レーザーナビゲーションシステム」)と光学カメラにより、部屋全体の形や家具や椅子等の障害物を感知しながら部屋を壁伝いに一周し、室内の地図を作製します。この方式により、障害物を効率よく避けると共に、それに触れる場合にも、ダメージを与えない緩いスピードで、という事が可能になっているそうです。

そしてその上で、人の手による雑巾がけのように、同じ場所を掃除するのを出来るだけ避けての、基本1度の通過で部屋内を掃除します。この方式は、そちらではレーザーの話こそ出てきませんが、韓国のサムソンやLG電子のロボットと共通です。

壁に、80〜100cmの幅の空間がある場合には、そこをドアとして認識し、掃除中の部屋の掃除を終えると、そこから外に出て次の部屋を掃除します。

吸引口には、高額機種にはよくあるように、モーター式の回転ブラシを備えています。しかし、本体前面が円形ではなく、直線の為、普通の掃除機のヘッドのように、前面の壁際近くにまで回転ブラシが届くよう、吸引口と回転ブラシを機体最前部に設置出来ています。
その為、吸引口と回転ブラシの幅も広く取れており、回転ブラシの幅は業界最高と言われる約24cmとなっています。

更に、その形状の為、サイドのゴミをかき集めるサイドブラシも、幅2.3cmと小さな物、しかもルンバと同じく方側の1本に抑えることが出来ており(ルンバには2本あっても良いと思いますが・・・)、サイドブラシが逆にゴミを撒き散らす可能性も、他のロボット掃除機より大きく抑えられています。


この「XV-11/コーボルトVR100」には、勿論充電基地も備えられており、掃除が終わった際、もしくは掃除中にバッテリーが尽きて来ると、自分で戻って充電します。

また、曜日毎に15分単位での設定で、予約運転をさせることも可能です。

バーチャルウォール発生装置は備えていませんが、その代りに黒い磁気テープを床に敷くことで、ロボットが侵入不可能な "壁" を作ることが出来る珍しい方式を取っています。

大きさは34.0cm×34.0cm×10.0cm、重さは3.7kgですので、形こそ円形ではなくD形で、機体前部が大きいものの、ルンバとほぼ同じです。ただ、高さが10cmというのは、全てのロボット掃除機の中で、少なくとも1cm以上大きく、その1cmで潜り込めない場所も出てくるかもしれません(ルンバの9cmでギリギリの場所も実際あります)。

しかし、その甲斐あってか、段差乗り越え能力は2cmまでとされており、これは(少なくとも日本で販売されている機種としては)唯一ルンバと並ぶ高い数値となっています。

また、Neatoと、フォアベルク、共にロボット掃除機のソフトウェアのアップデートをオンラインで提供しており、これをダウンロードして使う事が出来ます。

ルンバだと、修理の際か有料メンテナンスの際にしか、アップデートは出来ない仕様で、シャープのココロボだと上位機種のRX-V100でのみ、ダウンロードが(いつか)利用できます。東芝のスマーボを初めとする、日本で販売されている他のロボット掃除機では、それが可能だという話は聞きません。


この「VR100」のオリジナルの、Neato社製「XV-11」との違いですが、まず、そちらでは何とサイドブラシがありません。これらの吸引口は、普通の掃除機とほぼ同じですが、吸引力が違う分、やはりそれがないとサイドには弱いと言えるでしょう。

また、モーターも「XV-11」の倍強力で、吸塵力も強くなっているという話です。バッテリーにも、「VR100」では高性能なリチウムイオンバッテリーが採用されており、「XV-11」等Neato社版では、ニッケル水素バッテリーが採用されています。ルンバもニッケル水素型なので、そちらが一般的と言えば一般的です。しかし、継ぎ足し充電に強い分、中途半端な時間の稼働と充電を繰り返すロボット掃除機では、特にリチウムイオンバッテリーの方が好ましいはずです。

しかも、これはその中でもかなり高性能で、約1.5時間での急速充電で、約1時間の掃除が可能です。充電可能回数も、約800回ということですので、通常の約2.7倍、1年に300回充電すると、3年近い寿命を持つことになります。これは約3年の寿命を持つとされる、シャープのココロボに匹敵する数値です(Neato社版のニッケル水素バッテリーの性能に付いては、詳細不明)

ところで、Neato社の製品は、実は2012年4月に最新のXV-21に移行しています。

「XV-21」では、回転ブラシが、以前はゴムブレード(ゴム板)だけで出来ていましたが、ゴムブレードと毛が交互に取り付けられた物も同梱され、それら2つから選択できるようになっています。

また、フィルターも微細なホコリを従来比3倍集塵可能な、高性能でプリーツ状(波型)の物に変更されています。

ただ、「XV-21」のおけるそれらの新しい部品は、(主にアメリカでは)アップグレードキットとして別売されており、旧「XV-11」に取り付けることも可能です。

Neatoの掃除ロボットには、他に公式サイトにも載っていない「XV-12」と「XV-14」もあるそうですが、それら4機種の中では、唯一「XV-21」にのみ新型ブラシとフィルターが同梱されているものの、それらの違いは主にボディカラーで、ボディ自体や性能は、全て同じであるという話です(amazon.com)。…そこには載っていませんが、やはり性能が同じであるものの、欧州やマレーシア用の「XV-15」もあるそうですが。
日本で発売される「コーボルトVR100」に関しては、回転ブラシは新しい方の1本が装備されていて、旧型は付属しておらず、また、フィルターも高性能な新しい方が装備されています。


フォアベルクとしては、 "一定の面積の掃除を完了するまでの所要時間を業界最短" としているという話ですが、根本的に吸引力の弱いコードレス掃除機で、一箇所に付き原則一度の通過で、ゴミを取りきれるかには疑問が残ります。実際、東芝の初代スマーボでは、その方式が極めて評判が悪く、2012年度の最新型では、原則室内を縦横でそれぞれ2往復する方式に変更しています。

ただ、「XV-11/コーボルトVR100」の吸引モーターは、ルンバと比べると大きい物のように見えるので、モーターが強化されていない「XV-11」の方でも、多分それなりに高い吸引力を持つのでしょう。

勿論、回転ブラシも付いていますので、フローリング上でなら、それで一応十分なのかもしれません。

実際、ドイツのオンラインマガジン「NetzWelt」は、ロボット掃除機5機(ルンバ780,コーボルトVR100,フィリップス・ホームランFC9910,LG・ホームボット2.0)をどうもフローリング上でテストし、このコーボルトVR100を勝者としています。

また、そういった掃除方式である故にか、ルンバ700シリーズの上位機種には、2系統もあるゴミセンサーもありません


Neato社の「XV-11」や「XV-21」は、現在並行輸入品がamazonで出回るのみで、修理や電源規格の面で安心感のある正規輸入品は、2013年1月現在、このフォアベルクの販売する「コーボルトVR100」のみとなります。ただし、フォアベルクでは(原則)一般店舗での販売がなく、公式サイトのみでの販売となりますので、定価販売の78,750円のみとなります。

これらはかなり面白く見える製品ですが、何も無理に買う程の物でもないと思われます。なので、値引きのある一般店舗での販売もあるはずの、Neato社版の正規輸入品の販売を待ってみるのも良いかもしれません。…と言っても、性能はこちらの方が高いですので、趣味の一環だと思って気にせず買ってみるのも、それはそれで良いと思いますが・・・(2014年10月に最新モデルの「Botvac(ボットバック)85/75」が日本正式発売されています)

実はこの製品、何とバッテリーを自分で交換できないという話で、バッテリー交換はメーカーか交換可能な販売店に送る必要があります。なので、安いからと言ってよく分からないショップで買ってしまうと、仮に修理の必要がなかったとしても、後で困るかもしれません。

ちなみに、アメリカでの販売価格は、実のところ「XV-21」は定価で429.99ドル、「XV-11」は399.99ドルとなっています。

無理だったのかもしれませんが・・・東芝もこちらをOEM販売出来ていれば、もう少しは好評だったかもしれません。




 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


フォアベルク コーボルトVR100 81,000円
VORWERK ( フォアベルク )「 ロボット掃除機 kobold ( コーボルト ) VR100 」 VR100楽天 81,000円
amazon
アスクル 81,000円
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワーブラシ(+サイドブラシ×1)
吸込仕事率:未公表
対応床面積:絨毯46畳/フローリング74畳
リチウムイオン充電池採用(V数不明)
本体重量:3.7kg
運転音:絨毯70dB/フローリング72dB
色:ホワイト×グレー
1.5時間充電・1時間可動
段差乗り越え:2.0cm程度
サイズ:幅34×奥行34×高さ10cm
予約機能有(リモコンなし)
バーチャルウォール代わりの磁気テープ(4m)×1付属
高性能フィルター&新型回転ブラシ型
メーカー2年保証

 バッテリーフィルターサイドブラシ磁気テープ
消耗品価格10,500円1,680円630円1,680円

Neato XV-11 ― ― ―
【並行輸入品】Neato XV-11 Robotic All-Floor Vacuum Cleaner 掃除機 with Extra Filter Pack Included楽天 53,800円
amazon
口コミ・評価:― ― ―
ヘッド形状:パワーブラシ
吸込仕事率:未公表
本体重量:3.7kg
運転音:不明
色:チタニウムゴールド(?アメリカ版はブラックとグレーの中間のような色に見えますが)
充電時間、及び可動時間不明
ニッケル水素バッテリー採用
予約機能有
バーチャルウォール代わりの磁気テープ(4m)×1付属

Neato XV-21 ― ― ―
Neato XV-21 Pet & Allergy Automatic Vacuum Cleaner【並行輸入】楽天 ― ― ―
amazon
口コミ・評価:― ― ―
ヘッド形状:パワーブラシ
吸込仕事率:未公表
本体重量:3.7kg
運転音:不明
色:ホワイト×ブルー系(もしくはシルバー×パープル系)
充電時間、及び可動時間不明
ニッケル水素バッテリー採用
予約機能有
バーチャルウォール代わりの磁気テープ(4m)×1付属
高性能フィルター型/新型回転ブラシ付属


関連ページ:

Neato Robotics Botvac85/75(「XV」シリーズの後継機種。日本正規販売品) 最新製品

ルンバ880/870/871[800シリーズ]

ルンバ780/770/760/630/620/622/621

ダイソン360 Eye™ ロボット掃除機

シャープ・ココロボRX-V200/RX-V90/RX-V50

東芝・トルネオロボVC-RCX1,VC-RVD1,VC-RV1

ミーレ Scout RX1

LG電子・HOM-BOT(ホームボット)スクエア VR6260LVM

モニュエル MR7780J/MR6680J CLEMON(クレモン)

ロボット掃除機比較


関連サイト:

コーボルトVR100|コーボルトジャパン公式サイト/ドイツ公式サイト

XV-21/XV-11|Neato Robotics公式サイト

Neato Robotics(英語版Wikipedia)

日独米 ロボット掃除機対決 開始!(坂本史郎の【朝メール】より)

ドイツのロボット掃除機、フォアベルク社・コーボルトVR100(All About)

新しい掃除ロボット「Neato XV-11」を使ってみた(TechWave)

フォアベルク、部屋の地図を作成して効率良く掃除するロボット掃除機(家電Watch)

フォアベルク日本、ロボット掃除機「コーボルトVR100」のオンライン販売を開始(SankeiBiz)

独フォアベルクのロボ掃除機 Kobold VR100 国内発売、賢いマップ作成&隅まで吸えるD型(Engadget Japanese)

昔のゲーム機みたいなNeatoの掃除ロボ XV-21を2012年4月に発売(iTmedia)