CV-SW8

CV-SW8は、2012年8月25日に日立アプライアンスから発売となった、新型(マイナーチェンジ)のサイクロン掃除機です。"ごみダッシュサイクロン" と呼ばれる、同社製中〜下位のサイクロンシリーズ中の、最下位機種・廉価機となります。
この機種の特徴としては、ヘッドには、モーター式と比べると劣る風力(タービン)式の回転ブラシを装備しています。
また、ダストケース部にはティッシュをフィルター前にセットして、使い捨ての簡易フィルターとして使用するのが、一応この機種を含む、このシリーズの特色ともなっています(⇒「日立製サイクロン掃除機の構造」)
実は、他社製の似たような仕組みの機種(パナソニック製「MC-SK13A MC-SKL13A」や東芝製「VC-CB8A」、三菱製「TC-EXA8J」)と比べて、優れている点も一点あります。プリーツフィルター(メインフィルター)に振動式のチリ落とし機能があるのですが、他メーカー製の非モーター振動式が、ゴミ捨て時に手でガチャガチャと動かす(=手動式)のに対し(三菱製は未装備ですので、極めてよろしくありません)、このシリーズでは、コードの巻き取りや引き出しの運動エネルギーを利用してフィルターを振動させ、ホコリを落とすことが出来ます。しかも、急激なコード巻き取りの勢いを、緩めずそのまま利用しますので、振動力はかなり強いです。ただし・・・ティッシュをダストボックスにセット出来ない東芝製よりはマシなものの、パナソニック製と比べると、日立製はティッシュを装着しにくく、その点使い勝手はよろしくないのですが。
また、こういった機種をサイクロン掃除機と言うのには語弊があるのですが、価格は安いですので、言わば "ティッシュフィルター式" の掃除機だと思っておけば、それで済んで行くものなのかもしれません。
メーカーによる他のウリとしては、
  • クルッとヘッド⇒ヘッドが左右に90℃曲がる
  • ペタリンコ機構⇒ヘッドと延伸管部がかなり水平になる
  • ワンタッチ着脱⇒回転ブラシをワンタッチで取り外し可
  • 本体ねじれんホース⇒ホースが本体側のみですが、回転するので捻じれにくい
といった所があります(他は公式サイトにて)
"クルッとヘッド" は、特にヘッドにモーターの入っていないタービン式はとても軽いので、慣れないとクネクネして使いにくいという側面もあるのですが。

この機種は、前年度型機種「CV-SU8」からのマイナーチェンジ品となりますが、そちらとの違いとしては、
  • 吸込仕事率の最大値が10Wアップで620Wに、最小値が20Wアップで100Wに
  • 消費電力が最大1,000W〜最小200W⇒最大1,150W〜最小240Wにアップ
  • (ボディ上部のデザインの変更)
…単にそれらだけとなるようです。
日立は2012年度から、吸込仕事率の高い機種では、モーターを従来よりパワーを出しやすいようではあるものの、消費電力が従来品より少し高い物に替えており、この「CV-SW8」の場合、吸込仕事率の最大値はほんの少し(約1.6%)しか変わらないのに、最大消費電力は15%アップしています。 "弱" モード時には、20%の消費電力増で、吸込仕事率は25%アップしているので、少し効率は上がっています。しかし、"弱" モード等あまり使われず、"強" モードが使われることが多いでしょうから、やはり基本的に電力効率は悪くなったと言って良いでしょう( "中" モード時の数値は、吸込仕事率・消費電力ともに不明)。モーターの変更により、従来より耐久性がアップしているなら、それはそれで性能アップですが、そういう話もありません。
これは何故か東芝も同様で、2012年度から、消費電力が最大値として日立と同程度アップしています。
日本メーカー製掃除機の最大消費電力は、昨年まではほぼ1,000Wで横並びでした。なので、これらの機種は、一応日本メーカー製の掃除機の中では、消費電力が高いということになっています。

この製品には上位機種「CV-SW9」がありますが、そちらとの違いとしては、こちらにおいては、
  • ヘッドがモーター式からタービン式にダウングレード
  • 吸込仕事率が10Wダウン
  • 分散上方排気の省略
  • サッと収納(簡易コンパクト収納)機能の省略。それとあまり変わらない、コンパクト収納自体はありますが
  • 手元側のねじれんホース(捻じれないようホースが回る)の省略
  • 運転音の最小値が1dB悪化
ということになっています。モーター式回転ブラシの方が清掃力は高いはずですが、SW9のものはモーター式の中でも廉価版的な物が付いています。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CV-SW8 ごみダッシュサイクロン
日立 サイクロン式 タービンブラシクリーナー(ブルー)【掃除機】HITACHI ごみダッシュサイクロン CV-SW8-A楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:パワフルエアーヘッド(タービン式)
目詰まり対策:コード連動式フィルター振動機構&ティッシュ装着
吸込仕事率:620W
エコモード:×
本体重量:3.9kg/ 全体重量:5.4kg
運転音:65〜約60dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):折り畳み×1
手元ブラシ:×/すき間ノズル収納:延伸管横
色:ブルー(A)


前年度型
CV-SU8 ごみダッシュサイクロン
日立 サイクロン式 タービンブラシクリーナー【掃除機】HITACHI CV-SU8-A / 日立楽天 ― ― ―
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:パワフルエアーヘッド(タービン式)
目詰まり対策:コード連動式フィルター振動機構&ティッシュ装着
吸込仕事率:610W
エコモード:×
本体重量:3.9kg /全体重量:5.4kg
運転音:65〜約60dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):折り畳み×1
手元ブラシ:×/すき間ノズル収納:延伸管横
色:ブルー(A)


関連ページ:(他メーカー製はライバル機種)
CV-SY8(2014年度型後継機種) 最新製品
CV-SU8(前年度型)
CV-SW9(パワーブラシ式の上位機種)
EC-CT12(シャープ製)
MC-SK13A MC-SKL13A(パナソニック製)
VC-CB8A ダブルエアロサイクロン(東芝製)
TC-EXA8J Be-K(ビケイ)(三菱製)
日立掃除機

関連サイト:
CV-SW8|日立公式サイト