初心者の掃除機選び.com TOP > リコール・措置命令等 > 【リコール情報】東芝サイクロンクリーナー「VC-Y2C/VC-H2C」

【リコール情報】東芝サイクロンクリーナー「VC-Y2C/VC-H2C」

2012年11月27日、東芝製の安価なサイクロン掃除機VC-Y2C(L)/VC-H2C(L)でリコールです(「L」は一応ブルー色を表します)

ちなみに、既に販売を終了している製品なので、現在は売っていません。


ただし、それらの全ての製品に問題があるのではなく、2009年10月から製造された一定の製造番号に該当する製品が、同社指定同等品と交換になります。

対象数は73,847台。その内、その68,995台の「VC-Y2C(L)」はほぼヤマダ電機用のはずですので・・・普通より分かりやすいです。

ホース等の部品単位ではなく、製品丸ごとの交換となりますので、大事です。

  • VC-Y2C(L) 製造番号:5100001〜5168995(計68,995台) 製造期間:2009年10月〜2011年3月
  • VC-H2C(L) 製造番号:5100001〜5104852(計4,852台) 製造期間:2009年10月〜2010年5月

製造番号は、本体裏面後方中央に表示されています。

リコール理由は、それらの排気フィルターに誤って非難燃性の素材を使用した為、ゴミの目詰まり等で高回転・高負荷状態のモーターから発生することがある、高温の微細なモーター片(カーボン片)がそのフィルターに付着した際に、排気風量が少ない場合には、発火する可能性があるからだということです。


製品の交換には、東芝のフリーダイヤルへの連絡が必要で、ヤマト運輸による回収と共に行われます。「VC-Y2C」の場合には、もしかしたら、ヤマダ電機から連絡があることもあるかもしれませんが。

電話番号、受付時間等は、東芝ホームページにて。


関連サイト:

リコール情報:製品安全ガイド(経済産業省)

東芝、サイクロン型掃除機7万台を無償交換〜クリーナー内部で発煙発火の恐れ(家電Watch)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。