CV-SW7000

CV-SW7000は日立から2012年7月21日に発売となる、日立製としては最高級の新型サイクロン掃除機です。実質的な意味はほぼなく "2段ブーストサイクロン" とのシリーズ名でも呼ばれます。
ただ、これはサイクロンとは言っても、殆ど単に使い捨てのティッシュを被せたフィルターで、ゴミを濾し取る方式の製品で、本当のサイクロンではありません。
日立製サイクロン掃除機の構造
しかも、このシリーズでは、代々 "2段" の最初のサイクロン部(ゴミが最初にクルッと1回転するだけの低性能遠心分離部)に、2番目のサイクロン部とされるティッシュフィルター部(上の写真とほぼ同じの物)を通らない吸気の流路が設けられていまして、ティッシュフィルター部が詰まって来ると、そちらに多く空気が流れ、ホコリもそれに比例する形で、メインフィルターに多く直接行くことになるはずです。
また、この機種は運転音の最大値が53dBですので、静粛性で業界トップクラスではあります。しかし、電源を切る度に、自動的にモーターでフィルターを振動させてチリ落としを行いますので、その度にカタカタと五月蠅いです。ただ、これはこの種のおかしな、もしくは中途半端なサイクロンの宿命で、どのメーカーでも同じなのですが。

また、この機種は高価なだけあり、"ワイドごみハンターヘッド(軽量版)" という、フローリングの菌までその回転で拭き取るという、日立製の最高性能ヘッドが付いています(公式サイトによるヘッド機能の解説)。しかし、これは少し下位の機種にも同じ物が付きますので(紙パック式でも同価格帯の機種には付きます。⇒「かるパック」)、この機種が特別という訳ではありません。
あと、この「CV-SW7000」は、排気性能もサイクロン式ではエアシス(サンヨー⇒パナソニック)と並んで国内外でのトップレベル(超高性能なULPAフィルター相当品を使用)ですが、、、サイクロン式は頻繁なゴミ捨てと時々のフィルターの手入れが必要ですので、アレルギーがある等、ホコリが本当に苦手な方には、結局問題かもしれません。日立製紙パック式の最上位機種「CV-PW300」であれば、ヘッドは勿論として、排気性能もこちらと全くの同等で、本体重量もこちらの4.9kgよりかなり軽い3.8kgしかなく、ホコリに触れなければならないゴミ捨ての必要もありません。それ代わりに、高価な紙パックを買う必要はありますが、本体はそちらの方が安いですし、清潔さを買うと思って、諦めるしかないでしょう。

これは前年度型「CV-SU7000」からのマイナーチェンジ品となっていますが、それとの違いとしては、
  • 従来より内径が10mm細く、重量は約17%軽いスマートホースの採用。しかも、ホース表面の摩擦抵抗低減により、家具や床での摩擦が少なく、従来よりスムーズに動きやすくなった
  • 吸込仕事率が10Wアップで、470Wに
  • 昨年のヘッドと延伸管、今年のホースに加えて、本体もカーボン素材で軽量化がなされ、本体重量が5.1kg⇒4.9kgに200g減。全体重量としても300g減の6.5kgに
…となります。ホースを細くしてパワーを上げ、しかも運転音を従来と同じ最大53dBを維持するのには、サイクロン室内の空気の流路の見直しや、モーターの一層の低音設計等、それなりに努力があったようです。

この「CV-SW7000」は、、、サイクロン掃除機としては良いものとは言い難いので、私としては、感心出来ません。しかし、他に特に良いものがある訳でもありませんので、家電量販店の店頭(その家電量販店でも何か買ってあげるのが好ましいと思いますが ^^;;)で操作してみて、これの使い勝手が良いと感じれば、まあ良いのではないでしょうか。
ちなみに、実機ではダストケース部にティッシュが挟んであるのがモロに見えまして、妙な生活感がありますので、そこを見てみるのも面白いでしょう(笑)。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CV-SW7000 2段ブーストサイクロン
楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:軽量・ワイドごみハンターヘッド(自走式)
目詰まり対策:(電動式)自動フィルターお手入れ機構&ティッシュ装着
吸込仕事率:470W
エコモード(自動パワーコントロール)
本体重量:4.9kg/ 全体重量:6.5kg
運転音:53〜約48dB
排気方法:分散上方排気
持ち手(本体):固定式×2
色:ルビーレッド(R)シャンパン(N)
高性能なULPAフィルター(と同等)仕様
ワイド曲が〜るロング吸口(高所用ノズル)


前年度型
CV-SU7000 2段ブーストサイクロン
日立 サイクロン式 パワーブラシクリーナー (ルビーレッド)【掃除機】HITACHI 2段ブーストサイクロン CV-SU7000-R / 日立楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:軽量・ワイドごみハンターヘッド(自走式)
目詰まり対策:(電動式)自動フィルターお手入れ機構&ティッシュ装着
吸込仕事率:460W
エコモード(自動パワーコントロール)
本体重量:5.1kg/ 全体重量:6.8kg
運転音:53〜約48dB
排気方法:分散上方排気
持ち手(本体):固定式×2
色:ルビーレッド(R)、シャンパン(N)
ULPAフィルター(と同等)仕様
ワイド曲が〜るロング吸口付


関連ページ:
CV-SY7000(2013年度型後継機種) 最新製品
CV-SU7000(前年度型)
CV-SW5000(下位機種)
CV-SW3000(下位機種)
CV-SW200 CV-SW100 小型版2段ブーストサイクロン
日立掃除機
排気がきれいな掃除機
HEPAフィルター/ULPAフィルター(採用機種一覧)
各社最高性能機一覧
ワイド曲が〜るロング吸口
関連サイト:
CV-SW7000|日立公式サイト
日立はエコに足し算(TV CM 魔法より軽い編)




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。