MC-PA220GX

MC-PA220GXは、2012年4月25日にパナソニックから発売となる、新型の紙パック式掃除機です。
  • パナソニック製の最高性能ヘッド "(新)パワフル自走ノズル"
  • 吸込仕事率600Wという十分なハイパワーと比較的低い運転音
  • ゴミがあるとランプで知らせる "ハウスダスト発見センサー"
  • ヘッド部が足踏みペダルで外れ、子ノズルになる "親子ノズル"
  • 除菌イオンのナノイーの発生機能
と言ったところを特徴とする、パナソニック製紙パック式掃除機の高性能機種です。

この前年度型として、「MC-PA210GX」があるのですが、違いとしては、
  • 吸込仕事率が640W⇒600Wにダウン
  • 運転音の最大値が6dB改善(新設の静音構造有)
  • ヘッド前方に "LEDナビライト" なる照明機能(ヘッドライト)の追加
  • アイドリングオフ機能の追加で、ヘッドを浮かせると吸引モーターが停止
  • 紙パックをセットする部分が新形状に
  • キャスター車輪が低騒音型へ変更
  • 電源コード連動式の紙パックの振動機構 "ブル紙パック" の省略
  • 布団用ヘッド "ふとん清潔ノズル" の省略
ということになります。
パナソニックは、今年度からハイパワー競争に加わるのを止め、パワーと静粛性との可能な範囲での両立を始めたようです。実際吸込仕事率は、600Wあれば十分吸引力が強いですので、そのパワーの上で出来るだけ静かな掃除機が欲しい方には、この「MC-PA220GX」は良い選択肢だと思われます。
尚、紙パック振動機構の "ブル紙パック" の省略ですが、これは・・・あっても良いと思いますが、紙パックが詰まって来ると内部でゴミが下に落ちないので、意味がなくなります。

ただ、この機種は、実のところ、パナソニック製で最も売れ筋の系統である、直下位機種「MC-PA22G」に、
  • ナノイー(マイナスイオン)発生機能
を追加しただけの機種でもあります。
ナノイーは、サッと出す程度ではほぼ意味がありません。なので、その一番の利点は、何となくの好印象にあるかもしれません。

また、この「MC-PA220GX」には、上位機種としてやはり基本同型機種の「MC-PA320GX」があるのですが、違いとしては、そちらでは、…といった違いがあるだけです。
なので、これら3機種は、欲しいオプションの有無で選べば良いでしょう。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


MC-PA220GX
Panasonic 電気掃除機(紙パック式) ピンクシャンパン MC-PA220GX-P / パナソニック楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:新パワフル自走ノズル
目詰まり対策:パワー持続センサー
吸込仕事率:600W
本体重量:4.2kg /全体重量:6.2kg
運転音:57〜約52dB
排気方法:まいあげブロック構造
持ち手(本体):固定式
色:ピンクシャンパン(P)
エアダストキャッチャー
ハウスダスト発見センサー
ナノイー発生機能
標準紙パック:AMC-HC11(1枚付属)


前年度型
MC-PA210GX
Panasonic 電気掃除機(紙パック式) シャイニーゴールド MC-PA210GX-N / パナソニック楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:新パワフル自走ノズル
目詰まり対策:コード連動式紙パック振動機構&パワー持続センサー
吸込仕事率:640W
本体重量:4.2kg /全体重量:6.1kg
運転音:63〜約57dB
排気方法:まいあげブロック構造
持ち手(本体):固定式
色:シャイニーゴールド(N)
エアダストキャッチャー
ハウスダスト発見センサー
ふとん清潔ノズル付
ナノイー発生機能
※MC-PA210GXの特集


関連ページ:
MC-PA330GX(2013年度型後継機種) 最新製品
パナソニック掃除機
パナソニック掃除機/紙パック
MC-PA320GX
MC-PA22G

関連サイト:
MC-PA220GX|パナソニック公式サイト




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。