EC-CP12 POWER CYCLONE

EC-CP12は2011年6月10日に、密かに発売となったシャープ製の新型サイクロン掃除機です。シリーズ名として、"POWER CYCLONE(パワーサイクロン)" とも呼ばれます。
特徴としては、自走式のモーター式回転ブラシ、高性能なHEPAフィルター、エコモードを備えていることや、手回しダイヤル式のフィルター振動清掃機構を備えていることが挙げられます。これらが備わっていれば、掃除機として十分だと言えるでしょう。
これは2009年度型「EC-CP11」のマイナーチェンジ品で、日本製サイクロン掃除機の鉄板機種となっています。
その旧「EC-CP11」との違いとしては、
  • パイプ・持ち手部下にベンリブラシを追加
  • 本体部持ち手形状の変更
  • 運転音の最小値が2dB悪化
  • 集塵容積が0.05L増加
  • ヘッド裏形状の変更(エチケットブラシを追加か)
…主なところではこんなところです。
なので、基本的には最新型「EC-CP12」は旧モデルとほぼ同じ物で、目立つ変更点は、手元ブラシが付いたこと位のものです。
勿論、その分で新しい方が使い勝手が良いかもしれませんが、使わない人にはどちらでも大して違いはないでしょう。
ヘッドがタービン式の下位機種、EC-CT12をを店頭で見て来ましたが、何と従来型の旧CT11よりコストカットされて劣化していました。
この「EC-CP12」と被るはずのところで言うと、まず、ダストカップ部の円筒形フィルターのフィルターの目が明らかに粗くなっています。なので、メインフィルターに達するホコリも多くなるはずです。しかも、フィルターが粗くなったのであれば、空気が通りやすくなる分パワーが上がって良いはずですが、数値は旧型と全くの同一値、つまり実質モーターパワーが落ちているはずです。
メインフィルター部も、前作にあった "しっかり感" のようなものがなくなり、安っぽくなっています。
一見カッコ良くなった本体の持ち手部分も、改良したというよりは、廉価版にした感じが漂っています。
ただ、安めのサイクロン(これは2万円以下で買えるようになるはずです)では、シャープのこのシリーズが一番マシなのですが・・・。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


EC-CP12 POWER CYCLONE
シャープ サイクロン式 パワーブラシクリーナー (シャンパンゴールド)【掃除機】SHARP POWER CYCLONE EC-CP12-N / シャープ楽天
amazon [レビュー有]
口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:自走式パワーブラシ
目詰まり対策:手動式フィルター振動機構
吸込仕事率:450W
本体重量:3.8kg
運転音:64〜約57dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:シャンパンゴールド(N)
HEPAフィルター仕様
ヘッド上空の塵も吸引
(エコモード有)


先代モデル
EC-CP11 POWER CYCLONE ― ― ―
SHARP POWERCYCLONE サイクロンクリーナー パワーヘッドタイプ オレンジ系 EC-CP11-D楽天 ― ― ―
amazon ― ― ―[レビュー有]
・口コミ・評価:感想(_件)を参照
・ヘッド形状:自走式パワーブラシ
・目詰まり対策:手動式フィルター振動機構
・吸込仕事率:450W
・本体重量:3.8kg
・運転音:66〜約55dB(2009年新基準)/61〜約55dB(従来基準)
・持ち手(本体):固定式
・色:メタリックオレンジ、メタリックピンク
・HEPAフィルター仕様
・ヘッド上空の塵も吸引
・エコモード有
※EC-CP11の特集


関連ページ:
シャープ掃除機
EC-PX120
EC-CT12

関連サイト:
EC-CP12|シャープ公式サイト




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。