MC-PR1

MC-PR1はパナソニックから2011年3月25日に発売となる、新型の紙パック式掃除機です。
その特徴としては、本体重量が2.8kgと、軽量機であることが挙げられます。これは、シャープのやはり2.8kgの軽量サイクロンである "EC-PX120" が発売されたことに対する一種の対抗処置であると思われます(ただし、シャープはダイソンDC26への対抗でそれを発売)
ただし、その代償として、パワー(吸込仕事率)が通常機種の約半分の300Wしかありません。…シャープの "EC-PX120" も330Wしかないのですが。
そして、その低パワーを補うために、ヘッドや延伸管が小径の物に変更されています。なので、通常機種と比べると、一度に掃除できる範囲が狭くなっています。
また、パンソニックの機種によくある "ハウスダスト発見センサー" の代わりに、"ゴミ発見センサー" が装着されています。これは "ハウスダスト発見センサー" の一時代前のもので、感知できるゴミの大きさに差があり、多少大きめのホコリにしか反応しないものです。
あと、ヘッドにモーター式回転ブラシを装備していますが、パナソニック製で現時点で最高性能品である "Wパワフルドライブノズル" ではなく、"パワフル自走ノズル" というものとされています。
紙パックの目詰まり防止機構である "ブル紙パック" という、電源コードを引き出す際の力を利用して紙パックを振動させる機能も、省略されています。
なので、ただ軽いというだけで、それ以外に良いところは特にありません。
ただ、全体的に見て、性能は中級であり、安物とは明らかに違います。
尚、ボディは何年か前からあるパンソニック製サイクロン式の低価格機種のシリーズの物が流用されており、その点安く作ってあると言えばそういうことになります。

このMC-PR1は、紙パック式が良くて、かつ是非軽いものをとお考えの方には、丁度良いかもしれません。ただ、それならば吸込仕事率も常識的な数値を誇る、三菱のBe-K(ビケイ)の紙パック式で良いのではないかと思えますが・・・。

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


MC-PR1
Panasonic 電気掃除機(紙パック式) ピンク MC-PR1-P / パナソニック楽天
amazon ― ― ―[レビュー有]
口コミ・評価: ― ― ―
ヘッド形状:(径小)パワフル親子自走ノズル(パワーブラシ)
目詰まり対策:(パワー持続センサー)
吸込仕事率:300W
本体重量:2.8kg /全体重量:4.4kg
運転音:65〜約60dB
排気方法: ― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:ピンク(P)
ゴミ発見センサー
エアダストキャッチャー
標準紙パック:AMC-NC5


関連ページ:
パナソニック掃除機
MC-PR2(後継機種) 最新製品
EC-PX120
TC-FXA8P Be-K(ビケイ)
MC-PK12G
パナソニック掃除機/紙パック

関連サイト:
MC-PR1|パナソニック掃除機公式サイト
家電製品ミニレビュー パナソニック「電気掃除機 MC-PR1」(家電Watch)




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。