初心者の掃除機選び.com TOP > 通販生活掲載品 > CL103DX マキタのターボ〔通販生活仕様〕

CL103DX マキタのターボ〔通販生活仕様〕

2016年年頭に発売となった、マキタ社製コードレスハンディクリーナーの通販生活・オリジナル仕様品CL103DX マキタのターボ(正確にはターボ2)です。


この「ターボ」の名が付くシリーズは、運転モードが同社製の標準より1つ多い3つあるのが特徴です。

しかし、それだけではなく、ターボモードでは、通常の強=限界にプラスαとして上乗せした強力なパワーが発揮されます。

この「CL103DX」の場合、電圧は低め(※値段相応)の10.8Vであるにもかかわらず、同社製14.4V機(「CL140FDRFW,CL142FDRFW」)の吸込仕事率・25Wを超える27Wを発揮することが可能です。

それら上級機の価格は、2万円以上しますので、パワーだけを見れば、非常にお買い得です。


▼充電時間はマキタ製他機種より長い

ただし、マキタ製は本来業務用につき、充電時間が皆1時間以内と異常に早いですが、この「CL103DX マキタのターボ」では4時間かかります。

もっとも、家庭用としては、その程度はまだマシですので、性能が悪いという訳でもありません。

あくまで、同社製他機種と比べれば遅いということになります。


▼バッテリー内臓式

また、マキタ製他機種の殆どは、カートリッジバッテリー方式となっていますが、これはバッテリー内臓式となっています。

その為、予備のバッテリーを買って交換しながら使おうとすると、交換に若干余計に時間がかかります。

また、内臓式ではその充電は、バッテリーを本体内部に収納して行うことになるため、クリーナーを使いながら充電することはできません。

もっとも、予備バッテリーを買ってまで交換しながら使う方は少ないはずですので、そうでない方には、この件は関係ありません。



▼ターボモードは従来型とは別

マキタのターボモード採用機は、電源スイッチがトリガー式ではなくボタン式なのですが、従来そのモードでは、親指でそのボタンを長押ししなければなりませんでした。

これはほんの僅かに力を弱めただけで、ターボは解除となる使い勝手の悪いものでした。

しかし、今作からはとうとう普通に切り替えが可能なモードとなったようで、使い勝手は改善されています(これに関しては、通販生活でも混乱中です)

尚、パワー切り替えは、"強" ⇒ "ターボ" ⇒ "標準" という変則的なものとなっています。


【マキタ製比較】

CL182FDRFWCL103DXCL142FDRFW
電圧18V10.8V14.4V
吸込仕事率―/30W/11W27W/16W/5W―/25W/9W
稼働時間(分)―/20m/40m12m/15m/30m―/20m/40m
充電時間22分4時間22分
全体重量約1.75kg1.3kg約1.65kg
バッテリーカートリッジ式内臓式カートリッジ式
集塵方式紙パック式
運転音(最大)70dB程度
価格2万4千円程度〜13,830円2万3千円程度〜
収納台×
充電可能回数500回
保障期間1年5年1年

【下位機種、及びプラマイゼロ機との比較】

CL103DX CL105DW(ターボ)XJC-Y010
電圧10.8V
吸込仕事率27W/16W/5W20W/14W/5W30W/24W/18W
稼働時間(分)12m/15m/30m7m/10m/20m11m/25m/57m
充電時間4時間3時間6時間
全体重量1.3kg
バッテリー内臓式カートリッジ式
集塵方式紙パック式フィルター式
運転音(最大)70dB程度79dB
価格13,830円1万円前後〜1万7千円弱程度〜
収納台×
充電可能回数500回300回
保障期間5年1年

この「CL103DX マキタのターボ」のライバルを敢えて挙げるとすれば、それはプラマイゼロ製「XJC-Y010」です。

価格は、3,000円程違いますが、マキタ製にはない収納台が付属しています。

また、最大パワー以外のパワーも高く、稼働時間も長いです。

このプラマイゼロ製は、モーターに高性能な直流モーター(日本電産製)を採用しており、妙な高性能さはそれに由来しています。

更には、何と言ってもデザインが素晴らしいです。



しかし、その反面、充電時間が長く(6時間程度でも普通の範囲内ですが)、運転音もかなりうるさく、バッテリーの寿命も短いです。

ただし、充電可能回数に関しては、一回当たりの稼働時間が長いですので、そこまで含めて考えれば、互角程度かもしれません。

また、紙パックは必要ないですが、ゴミの溜まるフィルターを清掃する必要があります。

このフィルターは、勿論使用頻度にもよりますが、一応寿命は1年が目安とされています。なので、よく使うのであれば、1,080円(送料別)するものを何度か買う必要があると思っておくべきでしょう。

ちなみに、マキタ用紙パックは、かなり小さいですが、1枚40円程(送料別)です。

価格的には、大きくは変わらないと思います。しかし、フィルター清掃は汚く、面倒ですので、それが嫌な方は紙パック式にしておいた方が無難だと思います。


事実上の下位機種・マキタ機「CL105DW」は、パワーと稼働時間で「CL103DX」に劣りますが、その分安いです。

ただ、マキタ製は、実は従来14W機が標準でしたので、それでもターボモード(この機においては正確には「パワフルモード」)が付いている分、これでも比較的強力な部類に入ります。

なので、凄く強力ではなくても良い方には、これでも良いでしょう。


ちなみに、ダイソンと比べると、勿論ダイソンの方がずっと良いです。ただし、両者は価格帯が違いますので、こちらのマキタ製は、あくまで手頃な価格の範囲内でのコードレス掃除機が欲しい方向けということになります(⇒「コードレス掃除機比較〜おすすめはダイソンとマキタ」)

紙パック式(CL102DW)とカプセル集塵式(CL100DW) マキタ掃除機比較

 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


CL103DX マキタのターボ 【紙パック式】 13,230円+送料600円[公式サイト・アフィリエイトなし]
画像はありませんこの機種は通販生活専売機の為、amazonや楽天市場では販売していません
口コミ・評価:私の評価一覧(2016年付以降)
ヘッド形状:ノーマルヘッド
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:ターボ:27W/強:16W/標準:5W
10.8V(2.0Ah)リチウムイオン充電池採用
本体重量:1.3(延伸管&ノズル込)kg
色:アイボリーオレンジ、ブラック
運転音:「ターボ」未公表/「強」67dB/「標準」未公表
約4時間充電・「ターボ」約12分/「強」約15分/「標準」約30分可動
紙パック×10、ダストバッグ×1付

プラマイゼロ XJC-Y010 16,979円〜
±0 コードレスクリーナー [ ホワイト / XJC-Y010 ]楽天 16,979円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ノーマルヘッド
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:30/24/18W
リチウムイオン充電池採用
本体重量:1.0kg/ 全体重量:1.3kg
運転音:最大79dB
色:ホワイト(W)レッド(R)ライムグリーン(LG)ブルー(A)ベージュ(AQUA限定)
6時間充電・ハイパワー11分/強25分/標準57分可動
定価:18,000円(税別)


Q. マキタは有名ですか?

A. 株式会社マキタ(牧田)は、電動工具メーカーとして国内トップの約60%のシェアを誇り、世界でも米・ブラック&デッカー社に次ぐシェア第2位だとされています。

これらの充電式ハンディクリーナーに関しては、新幹線の車両内清掃で使用されていることでも有名です。


Q. 通販生活は有名ですか?

A. 通販雑誌 "通販生活" を出版するカタログハウス社は、少し香ばしい会社として有名です。

このCMでは、政治性の強さを理由に、テレビ朝日で放送を拒否されたと話題になりました(笑)。

あとは(?)、現在の立川志の輔さんは勿論として、山瀬まみさん等、少し渋い人選の有名人が、ほのぼのとCM出演していることでも有名です(その路線で十分だと思うのですが・・・)

ちなみに、×:"国民投票", ○:"読者投票" です。

2015年秋冬号テレビCM(30秒)【通販生活公式】



関連ページ:

CL140FDSFW(ピカイチ事典で「高性能クリーナー」と紹介されている上位機種)

CL103DW/4075DW(先代/先々代・販売終了モデル)

マキタ掃除機の選び方/交換用バッテリー

マキタ掃除機/紙パック・フィルター&オプション

コードレス掃除機比較

CL180FDRFW CL182FDRFW(30W機)

CL141FDRFW(25W機)

CL140FDRFW CL142FDRFW(25W機)

CL105DW(20W機)

CL100DW CL102DW(14W機)

CL070DS CL072DS(14W機)

ミーレ S6260 リリグリーン(ヨコ型/通販生活専売機)


関連サイト:

マキタのターボ お使いシミュレーション写真|通販生活®

通販生活®|商品別・よくある質問 | マキタのターボ

CL103DX マキタの30/15ターボ交換用充電地(通販生活)

通販生活の表紙を考える(Togetterまとめ)

通販生活の「沖縄は日本から独立したほうが幸せではないのか」という記事(Togetterまとめ)