EC-BT7

シャープ(SHARP)のサイクロン掃除機「EC-BT7 POWER CYCLONE」はシャープのサイクロン式掃除機の中でも、もっとも普及価格帯の機種です。
EC-BP7」という機種もあるのですが、そちらはパワーブラシというモーター式回転ブラシを付けたヘッドを付けており、「EC-BT7」は吸込みの風の力で回るタービン式回転ブラシを付けたヘッドを装着しています。ご存知とは思いますが、モーター式のBP7の方が価格が上となります。

その他の違いとしては、やはりヘッドの違いではあるんですが、BP7のヘッドは「奥の手ヘッド」と言いまして、ベッドの下やなんかにも入りやすいよう地面に対して水平になるよう設計されています。
また、モーター式のヘッドの方には、掃除機をかけた時により高い乾拭き効果の出る「極細ループから拭きブラシ」というブラシが埋め込まれています。乾拭き機能自体はBT7のヘッドにもありますが。
他では、BP7の方ではヘッドとホースをつなぐパイプの部分(人間の脚で言うとスネの部分)の伸縮が、掃除機を使う際の手元で行えるようになっています。
BT7の方は、調整自体は問題なく出来るのですが、もう少し下の位置まで腕を伸ばさなければなりません。
また、BP7では2段階伸縮すき間ノズルが付属し、BT7では普通のすき間ノズルが付属。
そして、BP7には「ベンリブラシ」というものも付いています。


EC-BT7と、更なる上位機種のEC-VX2やEC-AX1との差は、BP7との差に加え、殆どが静粛性に関するものと、HEPAフィルターの振動清掃機構が手動か電動かのものです。
ちなみに、この機では月に二回の筒型フィルターの清掃と、三カ月に一回のHEPAフィルターの清掃が推奨されています。
フィルターは水洗いもできますが、HEPAフィルターの方は乾燥にまる一日かかり、その間掃除機が使えません。それはこの機だけでなく、サイクロン式に共通の特徴(短所)です。


また、シャープには2008年発売のEC-CT10(詳細比較)という機種もありますが、それはこのBT7の廉価版です。(持ち上げるための)取っ手の位置と収納性が改良されていますが、基本的に機能は劣っています。ただ、それ程変わらないので、別に向こうでも構わないでしょう。
(在庫の状況を見ていると、どうやらEC-CT10に切り替えるようです)


これは結構評判の良い機種です。


 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


EC-BT7 POWER CYCLONE ― ― ―
Yahoo!S ― ― ―
amazon ― ― ―
・口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:タービンブラシ
目詰まり対策:ハンドル連動フィルター振動機構
吸込仕事率:460W
重量:3.9kg
運転音:60〜約47dB
色:クリアラベンダー、クロームイエロー
HEPAフィルター仕様
※詳細はこちら

EC-T7E4 19,800円
EC-T7E4-AEC-BT7のエディオン(edion)系列専用オリジナル型番機種。基本的には同一製品です
EC-VX2,EC-AX1,EC-VX200,EC-AX100の付属品である「2WAYベンリヘッド」(ソファ&カーテン用ノズル)を特別に付属
手元でスイッチを押すと10秒間だけパワーアップする「パワフルモード」をオリジナル機能として追加
EC-BT7がなくなってきている現状では結構貴重です

EC-BP7 POWER CYCLONE ― ― ―
Yahoo!S ― ― ―
amazon ― ― ―[レビュー有]
・口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:モーター駆動式パワーヘッド
目詰まり対策:ハンドル連動フィルター振動機構
吸込仕事率:460W
重量:3.9kg
運転音:59〜約47dB
色:オセロホワイト、ホワイトピンク
HEPAフィルター仕様
※詳細はこちら

EC-CT10 POWER CYCLONE
Yahoo!S
amazon ― ― ―[レビュー有]
・口コミ・評価:感想(_件)を参照
ヘッド形状:高トルクタービンヘッド(タービンブラシ)
目詰まり対策:ハンドル連動式フィルター振動機構
吸込仕事率:450W
本体重量:3.8kg
色:アクアブルー
HEPAフィルター仕様
EC-BT7の廉価版。ただし取っ手と収納性を改良
※詳細はこちら
ECT1E5KY
EC(-)T1E5というEC-CT10のedion専用型番商品です

関連ページ:

関連サイト:
シャープ純正HEPAフィルター、筒型フィルター等
シャープ純正サイクロン用ダストカップ





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。