おすすめの掃除機

ダイソン製以外の掃除機で、特徴のあるもの、評判の良いものをピックアップしてみました。是非参考になさって下さい。

ダイソンに関しては、以前はヘッドにある硬い回転ブラシがフローリングや畳に向かず、それらの上ではせっかくの回転ブラシを止めることが推奨されていました。

しかし、回転ブラシが赤く硬い物と、カーボンファイバー繊維を束ねた物との2種類が付くようになったDC26の後期型・カーボンファイバーシリーズ以降、最新型DC63に至るまで、硬い方の回転ブラシは微妙に短くなって絨毯専用となり、床面には直接届かなくなったので、フローリング・畳上でも安心して使えるそうです(店頭の機種を見ていて気が付いたので、ダイソンに問い合わせました)

ダイソン製は、ヘッドの前のすき間があまりないので、猫砂・米粒等固形物は弾く可能性が高く、また、ヘッドの前面で壁際を吸う場合にもあまり吸えないのですが、性能的な弱点はその程度となりました。

価格面に関しては、6万円程度となりますが、日本製の2万円の掃除機の3倍の性能という程では勿論ありません(汗)。ただ、高くても良いから、良いサイクロン掃除機が欲しい、もしくは、是非一度位はダイソンを使ってみたい、という方には良いと思います。

ダイソンの最新機種⇒ ダイソンボール・フラフィ

従来機種等⇒ ダイソン掃除機

また、これら以外は評判が悪いというわけではありませんので、あちこち見ていただければ幸いです。

おすすめの掃除機・紙パック式

おすすめの掃除機・サイクロン式

吸引力ランキング

また、不定期に更新していますので、検討中だけれど買うのはまだ先、という方は是非買う前にまた見にいらして下さい。


 価格は変動します。時価はリンク先にてご確認下さい。


紙パック式 

パナソニック MC-PK16G ― ― ―
Panasonic 紙パック式 電気掃除機 シャンパンゴールド MC-PK16G-N楽天 ― ― ―
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワフル自走ノズル[簡略版]
目詰まり対策:パワー持続センサー
吸込仕事率:600W[アイドリングストップ有]
本体重量:2.7kg[小型機]/ 全体:4.4kg
運転音:65〜約60dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:シャンパンゴールド(N)
エアダストキャッチャー付
※MC-PK16Gの特集

掃除機は、当然ながら高価な物の方が性能は高くなります。なので、高性能な物が欲しければ、各メーカーの最高性能クラスの品を見渡せば良いのですが、大抵の方はそれ程高くなくて良い物を、とお探しになるものと思います。

また、実のところ、サイクロン式はゴミ捨て時やフィルター清掃時に不潔なので、何もご存じない方に気軽にお勧めできるものではありません。

サイクロン式か紙パック式かで悩みます

なので、今のところはまだ紙パック式こそが掃除機の王道で、万人にお勧めしやすい掃除機ということになります。


その中でも、このパナソニック製紙パック式掃除機「MC-PK16G」は、2万円程度と安い訳ではないものの、ダイソンのサイクロン式のように(最新型で)6万円程度するものからすれば、かなり購入しやすいと感じられます。

肝心の性能面では、吸引力の目安を表す吸込仕事率が600Wで、現行型の中ではかなり高いです。

ヘッドには、パナソニック製としての比較上位のものが装着されています。これは当然、モーター式回転ブラシの内蔵型であると共に、足踏みペダルでヘッド部が外れて "子ノズル" が現れ、狭い場所を掃除しやすい仕組みも内蔵されています。

また、近年の傾向として、掃除機は小型・軽量化が進んでいますが、この機種の場合も、本体重量は2.7kgしかない、かなりの小型機です。

その重量で、前述のように吸込仕事率は高いですので、相当立派です。

ただし、弱点として、本体は軽くてもヘッド+延伸管+ホース部は比較的重いです。とは言え、やはり小型機ですので、極端な話ではありませんが。

勿論、元々もっと高価なものをとお考えであった方には、もっと高い機種を買う選択肢もあると思います。

特にパナソニック製の高額機種の場合には、吸込仕事率と重量こそ平凡になるものの、吸気内のチリを見分けてランプで知らせると共に、パワーを自動でコントロールする "ハウスダスト発見センサー" がありますので、そちらが良い方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私としては、現在はこれが程々の選択肢であると思えます。




久しぶりに掃除機を買い替える方にとっては、やはり「サイクロン掃除機ってどうなの?」と思われるものと思います(⇒「サイクロン式か紙パック式かで悩みます」)

サイクロン式は、きっちりまともだと言えるのは依然としてダイソン製だけですが、それでもパナソニック・ダブルメタルプチサイクロンと東芝・トルネオV、シャープ・2段階遠心分離サイクロン(≒パラレルフローサイクロン)であれば、比較的高いゴミの遠心分離力を誇ります。

しかし、トルネオVは遠心分離した細かなチリを溜める部分に問題があり、一度分離したチリを再び空気の渦に巻き込まないように落とすスペースがありません。

また、2段階遠心分離サイクロン(パラレルフローサイクロン)は、筒型フィルターと呼ばれるフィルターの目が粗く、並列して設置する2段目のサイクロンの数も、ダイソンの24個、トルネオVの12個に対して、8個しかありません。なので、それらと比べると、細かなチリを遠心分離しそこなう確率がかなり高いはずです。

2015年度初登場のダブルメタルプチサイクロンには、大きな欠点はありませんが、実は消費電力が前述3シリーズの約85%(ダイソンの約63%)しかなく、モーターパワーがその分弱いはずです。

また、実はそのパナソニック製とシャープ製2シリーズは、集塵容積が最低限(0.25L)で、一軒家向けというよりはマンション・アパート等それ程広くない場所向けとなってしまっています。

その為、最新型だと6万円以上もするダイソン製が買える方は勿論問題ありませんが、大抵のそうでない方には、まだまだ不十分な製品しか選択肢がありません(ダイソンの旧モデル「DC26」であれば、現在約50%OFFの4万円程度からあります。性能もそこそこOKですので、ダイソンを使ってみたい方は大幅値引き品がある内に是非)

もっとも、性能が低い分、当然価格も比較的安くなりますので、是非サイクロンを!という方は、日本製のそれら4シリーズを中心にお考えになることになると思います(詳細⇒「おすすめの掃除機・サイクロン式」)


サイクロン式 

東芝 VC-SG514 トルネオV 36,943円〜
東芝 サイクロン式クリーナー(自走式パワーブラシ)グランレッド【掃除機】TOSHIBA TORNEO V(トルネオV) VC-SG514-R楽天 34,408円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:イオンファイバーヘッド(自走式パワーブラシ)
目詰まり対策:(2段サイクロン/12気筒)
吸込仕事率:200W[エコ自動モード有]
本体重量:3.2kg/ 全体重量:4.6kg
運転音:64dB〜約58dB
排気方法:― ― ― /集塵容積:0.4L
持ち手(本体):固定式
色:グランレッド(R)、グランブルー(L)、グランホワイト(W)
ゴミ残しまセンサー、ワイドピカッとブラシ付
布団用ノズル等、付属品多数有
※VC-SG514の特集

2014年度型のトルネオVは、4種類ありますが、これは布団用ノズル等が付属する最上位機種です。

2015年度型「VC-MG900」の発売に伴い、現在割とお得な価格となっています。


シャープ EC-PX600 24,142円〜
シャープ サイクロン式クリーナー(自走パワーブラシ)ピンク系【掃除機】SHARP プラズマクラスターサイクロン掃除機 EC-PX600-P楽天 23,488円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:モーター駆動パワーヘッド(自走式)
目詰まり対策:(2段階遠心分離サイクロン)
吸込仕事率:200W[エコ自動モード有]
本体重量:2.9kg[小型機]/ 全体:4.3kg
運転音:65〜約61dB
排気方法:― ― ―/ 集塵容積:0.25L
持ち手(本体):固定式
色:ピンク系(P)
ダストカップ中心部プラズマクラスターイオン放出(静電気防止用)
※EC-PX600の特集

シャープ製の2段階遠心分離サイクロンは、実は価格帯が意外と低いです。その為、2万円程度のサイクロン式が欲しい方には、この「EC-PX600」は有力な選択肢となります。

もっとも、性能の割に安い感は受けますが、ヘッドの回転ブラシが、実は毛ブラシとゴムブレードを交互に設置した少し安めの物ですので、その部分には若干残念な感があります。


シャープ EC-CT12 POWER CYCLONE 10,380円〜
シャープ サイクロン式 タービンブラシクリーナー (ベージュ)【掃除機】SHARP POWER CYCLONE EC-CT12-C / シャープ楽天 10,780円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:タービンブラシ
目詰まり対策:手動式フィルター振動機構
吸込仕事率:450W
本体重量:3.8kg/ 全体重量:5.0kg
運転音:64〜約57dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:ベージュ(C)
HEPAフィルター仕様
※EC-CT12の特集

この「EC-CT12」は、シャープ製の "2段階" ではなく、旧来の "1段階" 遠心分離サイクロンで、性能は大したことはありません。

しかし、遠心分離をしないサイクロンもある中で、遠心分離をきちんとしており、かつフィルターのチリ落とし機構もまともな物が付いていますので、とにかく安いサイクロン掃除機が欲しい方にはおすすめです。

発売は2011年6月なので少し古いですが、amazonのユーザーレビューは1,100件を超えており、ロングセラーの定番商品ということになっています。




紙パック式 

日立 CV-VP5 11,248円〜
HITACHI  紙パック式スタンダード CV-VP5-W楽天 10,754円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
・楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
・ヘッド形状:タービンブラシ
・目詰まり対策:パワー長持ち流路
・吸込仕事率:530W
・本体重量:3.3kg/ 全体重量:4.5kg
・運転音:65〜約57dB
・持ち手(本体):折り畳み式
・色:ホワイト(W)
※CV-VP5の特集

シャープ EC-KP7F ― ― ―
SHARP 紙パック式クリーナー 床用吸い込み口タイプ オレンジ系 EC-KP7F-D楽天 ― ― ―
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
・ヘッド形状:ノーマルヘッド
・目詰まり対策:紙パック長持ちセンサー
・吸込仕事率:500W
・重量:3.4kg
・運転音:66〜約57dB(2009年新基準)/62〜約52dB(旧基準)
・持ち手(本体):折り畳み式
・色:フレッシュオレンジ、フレッシュブルー
※EC-KP7Fの特集

安値で、かつ評判も上々(=特に不満が出ない)の紙パック式です。まともなものを買いたければ、この辺りを買いたいところです。

この価格帯であれば、これらにしておくのが無難と思いますが、色々見てみたい方はこちら⇒「7,000円前後の掃除機」をどうぞ!




サイクロン式 

パナソニック MC-SXD430 エアシス 39,980円〜
Panasonic 掃除機 サイクロン式 ホワイト MC-SXD430-W楽天 42,657円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワフル自走ノズル
目詰まり対策:手動式フィルター振動機構
吸込仕事率:300W[エコナビ有]
本体重量:3.9kg/ 全体重量:5.8kg
運転音:58〜約55dB
排気方法:斜め後方排気(エアブロック)
持ち手(本体):固定式
色:ホワイト(W)
ULPAフィルター仕様
簡易空気清浄機能有
※MC-SXD430の特集

紙パック式

日立 CV-PC500 かるパック 31,800円〜
日立 紙パック式クリーナー(自走パワーブラシ)ブルー【掃除機】HITACHI かるパック CV-PC500-A楽天 31,800円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ジェット吸引スマートヘッド(自走式)
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:360W[エコ自動モード有]
本体重量:2.3kg[超小型]/ 全体:3.9kg
運転音:57〜約51dB
排気方法:上方排気
持ち手(本体):固定式×1
色:レッド(R)、シャンパン(N)、ブルー(A)
ULPAフィルター(と同等)仕様
※CV-PC500の特集

これらは排気のきれいさに定評がある機種です。掃除をする際には部屋を閉め切ってする方が良いとまで言われます。

2008年の実験結果なのでもはや少し古いですが、東京都の生活安全課商品安全係が行った実験によると、どうもサンヨー・エアシスのSC-XD1(現↑パナソニック「MC-SXD430」)と思われる機種が最強です。ちなみに、恐らく機種「A」は日立"きれい宣言"(現「かるパック CV-PC500」。上に載せた機種です)で、「G」がオキシジェン・アップグレード(現在販売されているのは、フィルター性能は少し劣るものの、日本用に開発された小型後継機「エルゴスリー」)、「H」がダイソンDC12 plus(現行「DC63」)と思われます。

アレルギーのある方や喘息もちの方、そこまでではなくても室内で不思議と咳やくしゃみがよく出る方々には、こういった機種がお勧めです。

ただし、サイクロン式だと排気は綺麗でも、ゴミ捨てやフィルター清掃時に不潔ですので、紙パック式の方が望ましいです。




紙パック式

パナソニック MC-JP510G Jコンセプト 41,659円〜
パナソニック 紙パック式クリーナー(パワーブラシ)ホワイトゴールド【掃除機】Panasonic Jコンセプト MC-JP510G-W楽天 44,276円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:小型軽量(親子)パワーノズル
目詰まり対策:パワー持続センサー
吸込仕事率:300W[エコ自動モード有]
本体重量:2.0kg[超小型]/ 全体:3.6kg
運転音:59〜約57dB
排気方法:まいあげブロック構造
持ち手(本体):固定式
色:ホワイトゴールド(W)、ピンクゴールド(P)
集塵容積:1.2L(通常の8割程度)
ハウスダスト発見センサー
エアダストキャッチャー
※MC-JP510Gの特集

この機種は、ヨコ型として世界最軽量であるとされている、パナソニック製・本体重量2.0kgの紙パック式超小型機です。

これは単に小型機であるだけでなく、高性能ヘッドやゴミセンサー(吸気内のゴミを赤外線で識別)の付いた比較的高級機です。

また、小型化に当たっても、アルミ素材の高効率モーターや、軽量かつ頑丈なPPFRP素材を採用するなど、かなりお金をかけて行っています。

これは、本来 "Jコンセプト" というシニア向けのシリーズなのですが、シニアでなくてもこういった製品をお探しの方は、ちょうど良いかもしれません。

尚、小型の製品に関しては、こちらに全リスト「小型掃除機」があります。




サイクロン式 

三菱 TC-ZXE30P 風神 33,999円〜
三菱 【自走式ブラシ搭載】 サイクロン掃除機 「風神」 TC-ZXE30P-D カッパーオレンジ楽天 34,866円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:ワイドクリーン自走式パワーブラシ
目詰まり対策:(高遠心分離力サイクロン)
吸込仕事率:200〜約120W[節電モード有]
本体重量:2.9kg/ 全体重量:4.5kg
運転音:64〜約62dB
排気方法:― ― ―
持ち手(本体):固定式
色:シャインホワイト(W)、カッパーオレンジ(D)
HEPA×1+ULPAフィルター×1仕様
ヘッド上空のチリも吸引
エアブロー、カロナビ(スマホ表示)機能付
※TC-ZXE30Pの特集

サイクロン式は、実のところペットの抜け毛に悩まされるペットオーナー向けとして最適な掃除機です。

なぜなら、特に犬が複数いるなどすると、紙パック代が嵩んで仕方がないからです。

なので、サイクロン式が "必要" という方は、そもそもそういったゴミの多さに悩まされる方なのかもしれません。

ただし、絨毯についた毛を掃除しようとすれば、ヘッドの回転ブラシが有効ですが、そのブラシには毛が絡まりやすく厄介です。

しかし、この機種の場合には、ヘッドの回転ブラシを横に引き抜くことで、毛絡みを簡単に除去できる機構が、比較的まともなサイクロン掃除機として唯一装備されています。

なので、この機種は、ペットの毛に悩まされてサイクロン式をお求めの方には、最適だと言うことが出来るはずです。




紙パック式

ヘンリー(Henry) 46,980円〜
【並行輸入品】Numatic Henry Micro HVR-200M Vacuum 掃除機楽天 48,600円(送料別)〜
amazon [レビュー有]
・楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
・ヘッド形状:ノーマルヘッド
・目詰まり対策:― ― ―
・重量:6.6Kg
・色:赤、青、黄、緑
・集塵量:9リットル
・サイズ:幅34cm×奥行34cm×高さ37cm
・作業範囲/コード長:26.8m/10m
ヘンリー掃除機

これはダイソンと同じくイギリス製の掃除機です。

性能的に特筆すべきものはありませんが、元々は業務用で(顔を描いてみたら大ヒット・・・)、母国のイギリスでは首相官邸国会議事堂でも使われている「確かな品」であり、「有名人」です。

少し高価ではありますが、電源コードが普通の倍あり、また、入るゴミの量も膨大です。デザインはともかく、何か理由があって、いつもゴミを大量に掃除しなければならない方には、ぴったりなのかもしれません。




ロボットタイプ

ルンバ870 53,460円〜
楽天 55,600円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワーブラシ(+サイドブラシ)
吸込仕事率:未公表/対応床面積:約25畳
自動充電機構/時刻予約機能
本体重量:3.8kg /運転音:未公表
サイズ:直径35.3cm×高さ9.2cm
3時間充電・60分可動/最大可動時間90〜120分
段差乗り越え:2.0cm程度
色:ピューターグレー
リモコン、バーチャルウォール(オート版)×2
[交換用フィルター×2付]
※ルンバ機種比較

ルンバ622 39,800円〜
楽天 42,120円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワーブラシ(+サイドブラシ)
吸込仕事率:未公表/対応床面積:約25畳
重量:約3.7kg /運転音:未公表
サイズ:直径34.0cm×高さ9.2cm
3時間(自動)充電・60分可動/最大可動時間90〜120分
段差乗り越え:2.0cm程度
色:ブラック×シルバー
リモコン&オートバーチャルウォール×1付
(予備フィルター×1+予備エッジクリーニングブラシ×1付)
XLife(エックスライフ)バッテリー搭載型
※ルンバ622の特集

単身者や共働き世帯の時間の節約、老齢世帯の負担軽減に役立つ優れものとされる、ロボット掃除機ルンバ(⇒「ルンバの基礎知識」)です。

上の製品は、現在の最上位・800シリーズのおすすめ機種で、下は現在の最下位機種です。

売上は年々大幅に延びているそうで、近くのエディオンやケーズデンキでも普通に見かけるようになりました(ヤマダ電機では販売していません)

日本メーカーでは、シャープの「ココロボ」がまず発売されましたが・・・最大のウリは "おしゃべり機能" で、 肝心の掃除性能においては、待望の日本製という期待には応えられていませんでした。

それ以前にも、東芝製「スマーボ」が発売されていましたが、これは実は韓国・サムスン電子製のOEM品で、2014年9月にやっと自社開発の「トルネオロボ」が発売となりました。しかし、そこを狙い澄ましたかのように(まさか)、ダイソンに開発費49億円の「360 Eye」を発表されてしまいまして、ルンバのシェアを喰うつもりが、話題性をダイソンに喰われてしまった形となります・・・。実際、それ以降あまりパッとしません。

2015年3月にはとうとうパナソニックからも、三角形であることが特徴の 「RULO(ルーロ)」が発売となりました。しかし、集塵容積が異常に少ない等、ダメではないにしても、若干微妙な感が漂っています。

パナソニックにしても、"王者" ルンバの牙城に挑むところまでは辿り着けなかったというのが、結局日本メーカーの現状のようです。

パナソニックと日立は "脱家電" に舵を切り、東芝も白物家電からの撤退があり得るとし、シャープは会社自体先行き不透明ですので、このままズルズルと行きそうな雲行きです。




布団用

RE-100 レイコップLITE(ライト) 19,000円〜
reycop ふとんクリーナー レイコップLITE[ライト](ホワイト)【掃除機】raycop RE アールイー RE-100JWH楽天 18,900円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:振動+吸引
目詰まり対策:― ― ―
吸込仕事率:29.4W /振動:約3,300回/分
UV消費電力:6W
本体重量:1.95kg/ 運転音:未公表
排気方法:斜め前排気
色:ホワイト(WH)、パステルブルー(BL)、ベビーピンク(PK)、ハニーイエロー(YL)[公式通販限定]
HEPAフィルター仕様
※布団用掃除機の特集

ジャパネットたかたのCM番組ですっかり有名になった、布団用掃除機(韓国製)です。ルンバと共に、日本では既に100万台の出荷を達成しています。

たかだか布団用にその価格は高過ぎだ、という方には布団用の掃除機ノズルも多種存在しています。




コードレスタイプ

ダイソンV6 Fluffy(SV09MH) 52,180円〜
ダイソン サイクロン式 スティック&ハンディクリーナー(ニッケル/ブルー)【掃除機】dyson V6 Fluffy SV09MH
楽天 52,373円〜
amazon [レビュー有]
楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
ヘッド形状:パワーブラシ(ソフトローラー)
目詰まり対策:(2段サイクロン)
吸込仕事率:100〜28W
本体重量:1.29kg /全体重量:約2.34kg
運転音:未公表
色:ブルー×ニッケル
3.5時間充電・「強」約6分/「弱」約20分(モーターヘッド稼働時約16分)可動
床用モーターヘッドに加え、ハンディ用ミニモーターヘッド、コンビネーションノズル(ブラシ付ノズル)、すき間ノズルが付属
※V6 Fluffyの特集

ダイソンは、ヨコ型掃除機はもうそれ程大売れせず、このデジタルスリム(現在通称「V6」)のシリーズばかり売れています(大ヒット!)。テレビCMでも、こちらの方を見かけることが多いのではないでしょうか。

ダイソンのヨコ型機は、吸引力の目安である "吸込仕事率" が実はかなり低いですが、コードレス機では他社に先んじて開発した直流モーター(デジタルモーター)の性能が高く、数値が公表されている製品においては、トップの吸引力となっています。

また、外観が風変わりに見えますが、それはハンディクリーナーに延伸管と床用ヘッドを付けた物であるからです。

上の機種は大き目のゴミにも強い特殊なヘッドを付けた "Fluffy(フラフィ)" という機種ですが、通常のヘッドを付けた "Motorhead(モーターヘッド)" という、本体基本同型ながら少し安い製品も販売されてます。

尚、そのほぼ共通の本体=ハンディクリーナー部分(+ハンディ用ノズル)のみの販売も普通にあり、そちらは現在 "V6 マットレス&トリガー" ということになっています。

ダイソン社の「布団クリーナー」と便宜的に呼ばれている物は、実はその前者となります。




アンパンマン にこにこそうじき 7,980円〜
アンパンマン にこにこそうじき楽天 8,280円〜
amazon [レビュー有]
・楽天レビュー:レビュー(_件)を参照
単2アルカリ電池を4本使用
若干の吸引力がありますが、あくまで玩具です

プレゼント 誕生日のプレゼントに・・・。


関連ページ:

おすすめの掃除機・紙パック式

おすすめの掃除機・サイクロン式

掃除機の吸引力ランキング

排気のきれいな掃除機

各社最高性能機一覧

コードレス掃除機比較

掃除機選びの基礎知識

売上・人気ランキング集